1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大富豪が120億円の寄付!ノートルダム寺院への寄付が早くもすごいことになってる。

パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、大規模な火災が発生。この火災を受けて早くも支援の流れが加速しています。

更新日: 2019年04月16日

5 お気に入り 15141 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yasu27kさん

●15日、パリの観光名所ノートルダム寺院で火災が発生

パリ中心部にある観光名所ノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)で15日夕、大規模な火災が発生した。

火災はフランスのカトリック教徒らがイースター(Easter、復活祭)を控える中で発生。

ノートルダム寺院からは炎と大量の煙が立ち上り、パリ市民や観光客らは戦慄の表情を浮かべてその様子を見守った。

●火災によって尖塔も崩れ落ちる事態!

エマニュエル・グレゴワール(Emmanuel Gregoire)パリ副市長はテレビ局BFM TVに対し、尖塔は「内側に崩れ落ちた」と説明。

寺院は「甚大な損傷」を受けたとし、救援隊員らが「救い出せるすべての芸術作品を救う」ために奔走していると述べた。

●この火災には日本からも心配の声を多く寄せられています。

聞いたとき泣きそうなったわ…生きて…ノートルダム大聖堂…

ノートルダムっつったら日本人にとっての五重の塔とか浅草寺並みの建造物やん。ショック大きかろうなあ

フランスのノートルダム大聖堂が焼け落ちた カトリック信者として誠に悲しい出来事です

●この火災に関してマクロン大統領は寄付を募ることに!

仏のマクロン大統領は緊急会見で「ノールダム寺院は総意をもって再建していく。これは私たちフランスの運命(さだめ)です」と語った。

そして「再建のための国家寄付計画を明日から始める」と、世界中から寄付を募ると発表した。

●これを受けてなんと120億円を寄付すると大富豪が宣言!

フランスの大富豪フランソワ=アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)氏は15日、大規模な火災により尖塔が崩落するなどの被害を受けた仏パリのノートルダム寺院(Notre Dame Cathedral)の再建に1億ユーロ(約120億円)を寄付すると表明した。

ピノー氏はAFPに対し、寄付は同氏一族が経営する投資会社「アルテミス(Artemis)」から支払われ、「ノートルダム寺院を完全に再建するために必要な取り組み」に充てられると明らかにした。

●アンリ・ピノーさんはグッチなどを参加に持つケリングのCEO

フランスのビジネスマンで、2005年からケリング会長兼最高経営責任者(CEO)、2003年からアルテミス (投資会社)社長。

ケリングは、「グッチ(GUCCI)」や「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」など複数のブランドを傘下に持つグローバルラグジュアリーグループ。

●これには絶賛の声が続出

@emicocorococo ピノー家が早速100M€を再建のために寄付すると発表してますね。

ケリングのピノー会長がノートルダム大聖堂再建に1億ユーロ寄付だって ゴーンと格が違いすぎる(;・∀・)

あとね、すげえなって思ったのがこれ。 【ピノー家はパリのノートルダム大聖堂の再建のため1億ユーロの寄付を発表した】

1 2