1. まとめトップ

仕事のモチベーションを上げるコツは「忘れる」にある

仕事のモチベーションを高く保つのは大変。それは「ほぼ毎日」仕事をしなくてはいけないから。サボりたくてもサボれない。休みたくても休めない。モチベーションが高く保てるはずがない。そんな時は「忘れる」を有効に使いましょう。

更新日: 2019年04月17日

0 お気に入り 11 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

更新中のブログのダイジェスト版としてまとめを作成しました。仕事のモチベーションがなかなか上がらない時の参考になればと思っております。

あれんじさん

一時的なら誰でもモチベーションを上げられる。

一時的にモチベーションを上げることなら意外に簡単。「よし!やるぞ!」といった気合いだけで一瞬ならモチベーションを上げることは出来るからだ。でも継続的に高いモチベーションを保つことは難しい。ただその状態が一番好ましいのは十分にわかっている。でも「仕事だと」出来ないのだ。

今日は頑張るぞ!なんて日は結構あったりします。でもそれを継続するのは大変です。

仕事のモチベーションを上げたい時は仕事であることを忘れてみる。

「高いモチベーション」を維持し続けている人が多く存在するのも事実。

そしてその人はなにをやっても高いモチベーションを保つことが出来る人であったりもする。

なんでそんな事が出来るのか。

それが「仕事であることを忘れる」だ。「仕事」を忘れてはいけない。でも「仕事であること」を忘れるのは意外にも有利に働く。

仕事は忘れないけど「仕事であること」を忘れる。出来るのか…そんなこと。

どうして仕事をするの?

仕事をする理由は何だろう。考え方は人それぞれだし様々な理由がある。

「接客が好きだから」
「機械が好きだから」
「パソコンが好きだから」
「なんとなく就職した」
「仕事を選べなかった」
「アルバイトから社員になった」
「お金の為」
「ほしいものがあるから」
などいろいろな理由があるだろう。

人によっては「仕事はプライベートを充実させるツールだ」と考える人もいる。

誰かの為にって考えても結局は「誰かの為を想う自分の為」だし、結局の為に仕事をしている。

どうしてモチベーションが下がるの?

もしかしたらあなたがモチベーションが低いと感じている状態は、他の人から見れば高い状態をキープしているように見えるかもしれない。

またはあなたから見て「あいつモチベーション低いな」と感じる人がそばにいないだろうか。

モチベーションは自分にしかわからない感覚のようなものでその上げ下げは見る人によっても変わる。

自分のモチベーションが下がる理由は「自分がモチベーションが下がっていると感じた」時だけなのだ。

自分のモチベーションが低いと決めるのは自分。モチベーションが上がらないと感じているのも自分なんです。つまり、自分のモチベーションは自分で上げられるってことです。

モチベーションの上げ方は人それぞれ掴んでいくものです。

モチベーションが下がっている。この状態を感じているスポーツ選手は多くいる。つまり調子が悪い状態だ。

でも絶対にモチベーションと共に調子も上げなくてはいけない。それが自分の為だからだ。

活躍しなくてはいけない。勝たなくてはいけない。

生活が出来なくなってしまうかもしれないからだ。

全て自分の為にそうしなければいけない。絶対にだ。

だがその道の「プロ」であるからこそ「モチベーションの上げ方」を知っている。

それも自分だけに使える方法だったりする。

何とかして調子を取り戻さなくてはいけない状況を何度も経験しているからだ。

気持ちや体調、環境やプライベートでどんな事があっても「結果」を残さなくてはいけない状況でモチベーションの上げ方を確立していく。

そして自分で「モチベーションは上げられる」という感覚を持っている。そうやってモチベーションをコントロールする術を感覚として養ってきた。

スポーツ選手は「試合前に」必ず食べるものだったり聴く音楽があったりする。それもモチベーションを高く保つ為に必要だと感じているから。自分なりのモチベーションの上げ方を見つけよう。

仕事であることを忘れ、全て自分の未来の為にしている事にする。リアルに未来を想像する。

今仕事をすることが将来の自分の為になる。それをもっとリアルに実感するべきなのだ。

そうなれば目の前の仕事も未来の自分が生きる為に必要なことだと言える。

今目の前にあるのが「仕事」というだけで、本質は未来の自分が生きる為。

未来の自分が生きる為なら「やる気」を出そう。モチベーションを上げよう。

未来の自分が幸せになる為に、「今」モチベーションを上げるのだ。

今目の前にある仕事にやる気を出すわけではない。全ては未来の自分の為に。

そういった感覚をもっともっとリアルに想像することで「仕事であること」を忘れるのだ。

そうすればおのずと仕事に対してのモチベーションも上がっている。

誰かの為に仕事をしているわけじゃない。自分が自分である為に仕事をしているんです。全ては自分の未来や家族の未来、子供の未来、恋人との未来の為。自分の幸せの為なんです。

1