1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

せっかく採用したのに…「中途採用者」がすぐにやめてしまうワケ

人手不足の解消のために中途採用するもすぐに辞めてしまう…というケースが増えているといいます。そのワケとは。

更新日: 2019年04月16日

18 お気に入り 57615 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■人手不足が深刻になっている

年々深刻化する人手不足問題。特に正社員の人手不足が深刻な業界は下記の5つだと言われています。1.放送2.情報サービス3.運輸・倉庫4.建設5.自動車・同部品小売

深刻化する人手不足もあり、コンビニエンスストアの24時間営業が岐路に立たされている。

4月5日、東京商工リサーチが、「人手不足」関連倒産が前年度から28.6%増の400件となって過去最多だと発表した。

■それにより、エージェントによる中途採用市場が活発になっている

現在は人材不足に悩む業界・業種が増え、同時に、40代でも50代でも希望通りの転職に成功する人が続々と増えてきている

人手不足を受けて活況を呈しているのが転職マーケットです。求職者にとって有利な“売り手市場”が続いており、パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」がまとめた最新のレポートでも、転職求人倍率は高水準をキープ

■先に進む前に「転職エージェント」とは?

転職エージェント(人材紹介)とは、求職者と企業との間にエージェントが入ることで、両者をマッチングしてくれるサービス

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれて、企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれるサービス

「どのような企業が自分に合っているかわからない」「自分の強みがはっきりしない」など、悩んでいる人もいるでしょう。転職エージェントはそうした一つひとつの声に耳を傾け、後悔のない選択をサポート

■今、中途採用者がすぐにやめてしまう…という事例が相次いでいる

やっと採用できた人材が数ヶ月で辞めてしまう。難しい市況の中、手間もコストもかけた。「きっと活躍してくれるはず」と太鼓判を押した。念願の人材だったのに、なぜ

十分な人材が確保できない状況が続き「新卒以上、経験職以下」のポテンシャル層と呼ばれる若手の中途採用が増加するようになりました。このポテンシャル層の中途組の人材流失が、後述しますが、激しさを増している

■いったいなぜ中途採用者はすぐにやめてしまうのか…?

よくあるのは、まだ仕事に慣れていないのに、既存の社員と同じ業務を任せてしまうことです。会社側はそう思っていなくても、本人にとっては負担が大きい

風土やカルチャーの違いは仕事をするうえで大きなストレスになります。このストレスによって、退職したいと感じてしまう人が相当にいます。

中途採用者を、「即戦力だからお手並み拝見」として放置してしまう企業は多いですが、これが一番よくない

■中途採用者がやめてしまうと企業へのダメージが大きくなる

当然ながらエージェントを活用して退職が多ければ、コストも膨らみます。ちなみに中途採用でエージェントを活用すると、1名採用するごとに年収の40~30%がかかります

転職エージェントは、採用が決定した際に企業側から成功報酬という形で手数料を受け取っているからです。これが転職エージェントの収入になる

1 2