大樹総研の創設は2007年(平成19年)。資産家の矢島氏が、静岡で昔からの友人関係にあった鈴木康友氏(元民主党衆院議員。現・浜松市長)が選挙に落選して浪人中だったため、同じように落選して充電中の政治家が、しっかり勉強できるようなシンクタンクを作ろうということで立ち上げた会社だ。

出典謎のシンクタンク「大樹総研」とは……|政治ニュース|HUNTER(ハンター)|ニュースサイト

旧民主党の政治家たちとの関係が深いのは、総研設立以来のこうした経緯があるからだ。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

元民主党幹部の裏金問題の糸を引いていたのは謎のシンクタンク・大樹総研だった!

民主党幹部のカネ事情には大樹総研という組織が絡んでいることが徐々に明るみになってきました。

このまとめを見る