世界五大ウイスキー(スコッチ、アメリカン、アイリッシュ、カナディアン)の中では歴史が浅い新参者になります。
日本でウイスキーが作りはじめられたのは1870年ごろで朝ドラで有名な竹鶴政孝が「日本でも本物のウイスキーを作りたい」という情熱から始まりました。


竹鶴政孝が参考にしたのはウイスキー発祥と言われているスコッチウイスキーです。

スコッチウイスキーとは泥炭(ピート)と言われる枯死した湿地植物などが炭化した石炭を焚くことで独特な風味があるウイスキーです。
しかし、独特な風味はあまり人に認められず、日本ならではの繊細な風味に仕上げていきました。

次へ