1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

キムタク、山P、山﨑賢人も!中国版ツイッター「微博」に日本人スターが続々

“中国版Twitter”とも言われている中国最大のSNS「微博(Weibo)」。中国国内では7億人以上のユーザーがいるといわれており、その巨大エンタメ市場を目指して日本人俳優やアーティストが続々アカウントを開設。日本では見せない“素顔”をみせて話題になっている。

更新日: 2019年05月16日

6 お気に入り 13779 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆山﨑賢人が中国版ツイッター「微博」にアカウントを開設して話題

15日、山崎は「weibo始めました。よろしくお願いします。」とその中国語(簡体字)訳「我开微博了。请来关注。」で初投稿。万里の長城を背景にしたショットも公開した。

フォロワーは瞬く間に26万人を突破(16日現在)。初投稿にも1日で15万超のいいねが集まったほか、リツイートにあたる転載5万超、コメント3万8千件を記録するなど注目を集めている。

◆世界で7億人以上が利用している「微博」

「微博(Weibo)」は、“中国版Twitter”とも言われている中国最大のSNS。多くの中国人が様々な方法で活用しており、マーケティングツールの一つとして地位を確立している。

やり方はツイッターと同じで、140文字以内のメッセージや画像、動画をアップできる。好きな人をフォローすれば、その人の投稿が見られる。

2009年にサービスが開始され、現在、中国国内では7億人以上のユーザーがいるといわれる人気だ。日本国内のツイッターのユーザー数は4500万人超といわれており、その数を比較すると格段の差がある。

◆日本の国内市場が縮小する中、中国の巨大市場が魅力

2017年の日本国内音楽ソフト総生産を見ると、前年比95%と減少傾向。純粋な音源というプロダクトは国内需要が減少している。内需に頼るのにも限界がある。

急成長を遂げ50兆円と言われている中国のエンタメ市場にアプローチしていくことを考えると、「微博(Weibo)」の活用は欠かせないのである。

7億人のユーザーのうち1%に興味を持ってもらうだけで700万人のファン獲得になる。その巨大市場は魅力的。

◆そんな中、日本人スターが続々「微博」に参入していた

▼福山雅治

福山がウェイボーのアカウントを開設したのは約7年前で、日本の芸能人の中でも“先駆者”的存在だ。日本でもインスタグラムを使っているが、そこには載せていない情報をウェイボーに投稿することがある。

福山雅治(50)は4月から放映のドラマ「集団左遷!!」(TBS系)の撮影風景をこまめにアップ。

3月26日に、《ドラマ・集団左遷の撮影が連日あります。片岡支店長の撮影です。全部東京以外の地方での撮影です》と、ロケ現場の舞台裏を写真入りで公開した。

▼山下智久

山下は2018年6月、ジャニーズ事務所所属のタレントとしては初めて中国版Twitterと言われる微博(ウェイボー)のアカウントを開設。

自撮り写真をアップするなど、インターネット上での活動に消極的な日本では見られない一面を見せ、現在68万人のフォロワーがいる。

そもそもジャニーズ事務所は自社のホームページにプロフィル写真はおろか、出演しているテレビ番組のホームページにもタレントの写真を掲載しない方針でアイドルとしての価値を高めてきた。個人写真が解禁になったのも最近の話。それがいきなり自撮りとは手厚いファンサービスである。

▼木村拓哉

木村拓哉(46才)は、昨年末にウェイボーアカウントを開設したばかり。以来、ほぼ毎日更新している。「始めてたった3か月でフォロワーはすでに125万人超え。これは異例の早さだそうです。」

タンクトップに短パン姿のトレーニング風景やマイカー内の写真などを掲載。また自撮りも多く、今まで明かされなかったプライベートを垣間見ることができる。

1 2