1. まとめトップ

まるで刑事ドラマ【警察庁長官:栗生俊一】怪文書の数々から『黒幕』疑惑

まるで刑事ドラマのような疑惑が、警察庁長官の『栗生俊一』に持ち上がっている。特定団体との癒着、怪文書も出回り、身内の事件もみ消しなど、連続ドラマが1本できそう・・・やっぱりラストは組織トップが黒幕ってオチ?!

更新日: 2019年04月17日

1 お気に入り 259 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まるで刑事ドラマのような疑惑が、警察庁長官の『栗生俊一』に持ち上がっている。特定団体との癒着、怪文書も出回り、身内の事件もみ消しなど、連続ドラマが1本できそう・・・やっぱりラストは組織トップが黒幕ってオチ?!

空の彼方さん

栗生 俊一:2018年1月18日警察庁長官に就任した

栗生 俊一(くりゅう しゅんいち)は、日本の警察官僚。東京都出身。東京大学卒。1981年警察庁入庁。第27代警察庁長官。

まずは『警察庁長官』を正しく理解しましょう

刑事もののドラマなんかに良く出てくる「警察庁」と「警視庁」。
前から気になってました。 何がどう違うの??

警察庁:全国の警察本部を取りまとめている国のお役所
警視庁:東京都の警察の本部

警察庁の方が全国規模なんで、警視庁より上位なんですね。
名前の響きからは「警視庁」の方が上かと私は思ってました。

元々刑事もののドラマや2時間ドラマ大好きマンなのですが、いまいち警察庁と警視庁の違いがはっきりわかってなかったのでこれでとてもよくわかりました。ありがとうシネママガジン。国家公務員と地方公務員か…なるほど

TV「警視庁と警察庁の違いは?」 私「右京さんがいるところと神戸くんがいるところの違い」 父「そうじゃない」

意外と知らない両者の違い。
そう『栗生長官』は警察庁のトップだから、警視総監より更に広域のトップで
影響力も【半端ない】ということ!

▼そんな『栗生長官』に持ち上がっている疑惑の数々を紹介していこう

疑惑①:就任以前から『パチスロ』業界との癒着

1月18日付で次長から警察庁長官に就任した
栗生俊一氏(59。冒頭写真)だが、就任を阻止するためか、昨年末から数多くの怪文書が永田町界隈で出回っていた。

警察庁が管轄するパチンコ業界の関係者との癒着を糾弾する怪文書もあった。
その関係者から何年にもわたって、お中元の時期には最高級南高梅の梅干し、お歳暮には信州そばの詰め合わせなどの付け届けが贈られているというものだった。

警察庁長官人事でご譲位と東京五輪の警備に黄信号? gosen-dojo.com/index.php?key=… 引用→ 「『政治屋』と揶揄される栗生氏をめぐっては複数の怪文書が出回り、就任以前にもパチンコ業界との癒着ぶりが告発されていた」。 この人事の余波で警察庁上層部から 「警備」 畑の主流派はいなくなった。

@kasaburanka08 警察庁長官(警察のトップ)「ぎくっ・・・」 確か以前にも 北朝鮮にパチ屋の事で便宜を図ってましたよね? その上、 「パチ屋に 換金できるシステムがあったとは 知りませんでした」 とか言っていたし・・・ 北朝鮮に不利な何かをすると 死んじゃう病気にでもかかっているのカナ?

・警察はパチンコ業界の違法行為を把握してもほとんどの場合、警告するのみで罰しない

昔は警察庁にものすごい影響力のある長官が居て、そいつが生きていた頃は某消費者金融やパチンコ業界ともズブズブだった。

▲現)栗生長官も、同じ穴のムジナということか・・・疑惑が払拭されることはなかったが
 忘れてはいけない。今現在も長官職を続けているということを。

疑惑②:カジノ誘致合戦でも『キーマン:A』蜜月関係

統合型リゾート(IR)実施法が7月に成立し、2020年代半ばにも日本初のカジノ施設が誕生する。数兆円規模とみられる経済効果を巡り、自治体の「日の丸カジノ」誘致合戦が熱を帯びている。 日の丸カジノ、争奪はや過熱 3枠巡り誘致合戦、自治体・企業が火花 nikkei.com/article/DGXMZO…

1 2