出典 rulliさんがアップロード

1932年、             ボタフォゴで、ヘディングする     レイテ(20才)。

W杯1938にレイテは落選し
ピメンタ監督は、CFにレオニダスと
ニジーニョを選んだ。

ブラジル国内では
「レイテは、毎年、安定して活躍している」、
「レイテは過去2回、W杯に参加しているので、
彼の経験を生かすべきだ」
という批判が起きた。
ピメンタ監督は理由を明らかにせず、
ブラジルのマスコミの解説では
「レイテは力強さを武器に戦う選手で、
ヘディングはとても強いが、足の技術が少し不足した選手だった。
その為、監督は、技術が少し不足したレイテの
スタイルを嫌っていた」
という説を、最も有力として紹介されている。