誤嚥性肺炎を防ぐためには、適切な食事指導やポジショニング(姿勢の保持)、口腔ケアや嚥下の確認、環境調整、舌の運動など、多角的なアプローチが必要です。

出典誤嚥性肺炎を予防するために:座り方・食べ方と訓練方法 | メディカルノート

前へ 次へ