食事の際には、右のイラストのように、上体を少し後傾させて顎を引くことが重要です。

顎を引く理由は、喉頭を挙上することでシーソーのように喉頭蓋が下がりやすくなり、食べ物が喉頭や気管に落ちることを防げるためです。このポジショニングは「うなずき嚥下」とも呼ばれており、誤嚥のリスクがある全ての方に対して推奨されています。

出典誤嚥性肺炎を予防するために:座り方・食べ方と訓練方法 | メディカルノート

前へ 次へ