1. まとめトップ

山崎賢人は10キロ減量..イケメン俳優たちの「役作り」が過酷すぎる

山崎賢人、三浦春馬、窪田正孝が出演作品での役作りについて明かして反響

更新日: 2019年04月20日

1 お気に入り 5609 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

山崎賢人、三浦春馬、窪田正孝が出演作品での役作りについて明かして反響

solmesさん

▼映画「キングダム」に主演する山崎賢人

累計発行部数3,800万部を超える大ヒット漫画を実写化した映画『キングダム』(4月19日公開)で主演を務める山崎賢人。

本作は中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・嬴政(えいせい/後の秦の始皇帝)の姿を壮大なスケールで描く

山崎が演じたのは戦災で親を失くし奴隷として生きる少年・信。大将軍になるという夢を抱きながら剣術の特訓に明け暮れていた信は、やがて中華統一をもくろむ若い王・エイ政(吉沢亮)と共に、王座を奪還するために戦うことになる。

・そんな山崎賢人が「10キロ減量」の過酷な役作りを明かした

俳優の山崎賢人が、映画『キングダム』(4月19日公開)の役づくりで10キロ減量したことが「すごすぎる」と反響を呼んでいる。

本格的なアクションシーンが初めてという山崎は、撮影の約1年前からアクションの練習を始め、3カ月前からは本格的な動きを身につけていった。

山崎は「死ぬ気で、身を削る思いで撮影に臨ませていただきました」という言葉の通り、炭水化物を抜いた徹底的な食事制限とトレーニングで10キロも減量し、撮影に臨んだ。

減量中は食事制限として、炭水化物を抜き、ブロッコリーと鳥のささみを中心とした食生活と、アクション練習などのトレーニングを続けたという。

最初に撮影したアクションシーンがなんと、作品のクライマックスシーン。山崎は、「疲れた感じを出すために常に(重い)木刀を振ったり筋トレしたり、体を疲れさせていました」と回想。戦いに次ぐ戦いに疲弊した信を演じるため、徹底的に身体を酷使したという。

山崎の本気の役づくりについて、SNS上では「すごすぎる」「ストイック」「役者魂すごい」と驚きの声が上がっている。また、この減量で痩せ癖がついたという山崎は、撮影後も体重が完全に戻らず痩せたままであることも明かしており「顔つきが変わった」「痩せたままでいるのもすごい」「さらにイケメンになった」というコメントも見受けられた。

やっぱ山崎賢人くん痩せたんだ!10キロ減量とかやば!でも今の賢人くんのスタイル好き☺️

山崎賢人くん減量して骨っぽくなったので色気が増したけど、横から見た顎のラインが細すぎて心配になるレベル…かっこいいけど

山崎賢人氏さ、役作りで奴隷っぽく見えるように減量したとか言ってたけど想像以上すぎた.......ほっそいほんとに........すごいわ

orangeの山崎賢人とキングダムの山崎賢人 めっちゃ減量したのが分かる そして、男だけど山崎賢人はまじで好き! pic.twitter.com/53Sx98J6tY

▼ミュージカル「キンキーブーツ」に出演する三浦春馬

小池徹平×三浦春馬「キンキーブーツ」待望の再演!パワーアップしたステージに鳥肌が止まらない | ドワンゴジェイピーnews - 最新の芸能ニュースぞくぞく! news.dwango.jp/moviestage/367… #三浦春馬 #小池徹平 #ミュージカル #キンキーブーツ @kinkybootsjp @miuraharuma_jp pic.twitter.com/R5MIQ90fa0

同作は、経営不振に陥った老舗の靴工場の跡取り息子であるチャーリーが、ドラァグクイーンのローラに出会い、差別や偏見を捨てて、ドラァグクイーン専門のブーツ工場として再生する過程を描いたイギリス映画をミュージカル化。

2016年にも三浦と小池徹平のダブル主演で上演され、全公演で完売を記録。このたび、三浦&小池のタッグで3年ぶりの再演が実現した。

いよいよキンキーブーツ幕開けします! それもこれも今回楽しみにして下さっていたお客様あっての事だと思います。どうぞ、劇場に向かう道中 お気を付けてお越し下さい。✨㊗️ pic.twitter.com/96rbEzriTq

・そんな三浦春馬が「美を追求した」役作りについて明かした

俳優の小池徹平と三浦春馬がW主演を務めるミュージカル『キンキーブーツ』の公開ゲネプロが15日、東京・渋谷の東急シアターオーブで行われた。2013年にトニー賞で作品賞をはじめとする6部門を受賞したブロー... excite.co.jp/news/article/C… pic.twitter.com/ew9Wwcb1bM

俳優の三浦春馬(29)が15日、都内で行われたブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』公開ゲネプロ前の囲み取材に出席。

前回からの変化は“体作り”だといい「半年間計画的に作ってきたつもりです。以前は割と筋肉質な大きな体を目指していたのですが、今回は割と美を追求したというか、曲線をキレイに見せるための体作りをしてきたつもりです」と力説。

1 2