1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

lkj777さん

たとえ性犯罪被害者やその支持者であったとしても間違ったことをしたら非難されるのは当たり前。 やっていることが間違っているかどうか、非難の内容が的を射ているかどうかが問題であって、性犯罪被害者やその支持者の言動に対して批判は一切許されないなんて理屈は明らかにおかしい。 twitter.com/sunrise_3uphik…

普通に考えるとそれほどおかしくありません。RT @KazuhiroSoda: どう考えてもおかしいよな、この判決。→娘と性交、無罪判決の衝撃 「著しく抵抗困難」の壁:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASM4D…

RT @kyoshimine: 週刊新潮の記事よんだけど、美濃加茂事件一審無罪判決を、問題判決みたいなノリで挙げてんのな……。私は美濃加茂事件上告審の弁護人なので中立じゃないけど、「贈賄者」に虚偽供述の動機があって、同席者も贈賄事実を否定している事案だからな……。 裁判長に突…

福岡の中道大橋の事件で一審裁判官が危険運転を認めなかったときも、週刊誌やテレビで裁判官を非難する特集が組まれ、「あの裁判官は修習時代から人格に問題があった」などという「同期弁護士」の発言が載ったりした。

議論は自由だけど、自分が控訴審の弁護人の立場だったら、自分の担当事件について「一審は準のつかないやつだったら有罪になったかも」などと他の弁護士に議論されるのは気持ち的に嫌かな。

@ryouheitakaki @tomo_law_ 「なぜ裁判所は検察をカバーしてあげないのか」という形で批判が出ますからね。

RT @maco0428: 週刊新潮の名古屋地裁岡崎支部の準強制性行罪の無罪判決批判記事を読むと、岡口裁判官の問題も絡めて「裁判官の独立」を名目に裁判官が守られ過ぎているというまとめ。右からも左からも裁判官への統制を強めるべきというところで一致するんでしょうね。

裁判官の独立が損なわれて政治権力による介入を可能にするとマイノリティに不利な方向に進む可能性が高いにもかかわらず、なぜその方向を推すのか。 政治権力を部分的にであればうまくコントロールできるというのは幻想ではないのだろうか。

@ShinHori1 集会の内容を批判している者は「判決理由が分からないのに無罪はおかしいと言うのは、つまるところ性犯罪に関する裁判一般で無罪判決を出すなと言うのと同義ではないか」と述べているのだと思います。

事実認定を一般人が行うというのは、中立を損なってよいという意味じゃないよね。

RT @popohito: たとえ性犯罪被害者やその支持者であったとしても間違ったことをしたら非難されるのは当たり前。 やっていることが間違っているかどうか、非難の内容が的を射ているかどうかが問題であって、性犯罪被害者やその支持者の言動に対して批判は一切許されないなんて理屈は…

「被害者」と「支援者」は違うわけで、「支援者」が「私の言葉は被害者の言葉だ」「私を批判するのは被害者を批判するのと同じになるぞ」と言い出した場合に、特にそれが政治的な動きと結びつく場合には、支援者の言葉について慎重な吟味が必要になるのはやむを得ないと思う。

直接主義、口頭主義は憲法上の要請ではないので、立法により排除することが可能です。RT @kambara7: 「であれば」の意味がわかんないです(^_^)。 直接主義、口頭主義を貫く限り、先生の言われる仕組みは技術的に絶対に不可能です。

性犯罪に限らず、無罪判決全体に飛び火(文字通り)し始めた。複雑にものを考えられない方々がおられるということ。啓蒙の未完成か、誤謬か、構造的欠陥か。

@todateyoshiyuki 「飛び火」ですね。ボヤですめばいいですが、歴史的建造物が燃え落ちないことを祈ります。

@fujibook611 @todateyoshiyuki 行為と結果の因果関係がありません というオチなら笑えますか?

@kyoshimine @fujibook611 @Bibendum65 どのあたりの事情のことなのか、よくわかりませんが。飛び火の話は、川奈まり子さんが山形地裁の放火の無罪判決に対して「エクストリーム無罪判決」だとか言って批判をはじめたのがきっかけです。その後、弁護士がしのごの言って煩いからとツイ消しされたみたいですが。。

法改正は「お気持ち」ではなく、エビデンス、被疑者・被告人の権利、刑事司法の現実的な運用等を踏まえた理性的な議論を通じて行うべきと考えている弁護士が多いだけではないかと思います。 https://t.co/aGVjW5wkBF

であれば、技術的には、被告人を無罪とすべきか否かについて、国民によるインターネット投票で決める仕組みを導入することには賛成ですか?RT @kambara7: 私はもともとアメリカ型陪審制論者です。事実認定は一般市民で行い、量刑は裁判官が行うべきです。

技術的には、被告人を無罪とすべきか否か、量刑をどうするかについて、国民によるインターネット投票で決めることも可能ですが、そういう仕組みを導入することには賛成されますか?RT @kambara7:

刑事裁判においては、性犯罪被害経験者のみならず、ほとんどの人々が、意思決定過程から排除されています。RT @kambara7: 同じ市民なのに、この方々だけが社会の意思決定過程から排除されるべき理由はありますか? https://t.co/4WkkQgeARf

性犯罪被害経験者の意見を、裁判における事実認定や法令の解釈等で斟酌することには反対です。RT @kambara7: 何より性犯罪被害経験者の意見は法律学の本を読みかじっただけの我々の意見より先に参照されるべ… twitter.com/i/web/status/1…

フェミニズムと刑法における近代学派とは親和性が高いのではなかろうか。

私は、一般の方々よりも法律に詳しい自負を持ってはいるのですが、それは大衆別紙であり、許されないことでしょうか。RT @kambara7: 「弁護士はいっぱいいっぱい勉強してここにいますから」というのは思い上がりではないですか?

法律論に関して、素人が何処かから聞きかじってきたことをもって、それとは異なる専門家の見解を否定してきた場合に、そちらの見解が正しいですと認める必要があるでしょうか。RT @kambara7: 「弁護士はいっぱいいっぱい勉強してここにいますから」というのは思い上がりではないですか?

事案が異なるというより、今回の無罪判決への非難について神原先生は賛同しているのに対し、光市母子殺人事件高裁判決に対する批判について神原先生は賛同していないということなのではないですか。RT @kambara7: @Hideo_Ogura 事案を異にすると思われます。

神原先生の論理だと、どう見ても近代司法制度を理解していないことに起因する言説がなされていても、その話者が近代司法制度を正しく理解した上でその発言をしているんだと考えなければ、その話者が属している集団を蔑視していることになってしまいますね。RT @kambara7:

大衆の中にいる、近代司法制度を理解していない人を批判したからって、大衆全体が近代司法制度を理解していないと思っていることを意味しません。RT @kambara7:

1 2 3 4 5