1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

宙ぶらりん状態…浅野拓磨の「現状」が悲惨すぎた

ドイツ・ブンデスリーガのハノーファーに所属する日本代表FW浅野拓磨が苦しんでいる。

更新日: 2019年04月18日

4 お気に入り 10146 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■終盤戦に突入している欧州各国リーグ

各国リーグでは、優勝争いだけでなく、残留争いや欧州カップ戦出場権を賭けた激しいが繰り広げられている。

■ドイツ・ブンデスリーガは残り5試合

原口元気、浅野拓磨が所属するハノーファーが降格の危機

13日に行われたブンデスリーガ第29節で、MF原口元気とFW浅野拓磨が所属するハノーファーはボルシアMGに0-1で敗戦。

泥沼の8連敗で最下位に沈んでおり、残り5試合で残留圏の15位シャルケとの勝ち点差は「13」と、非常に厳しい状況となっている。

■そんなチームを、浅野はピッチ外から眺めることしかできない

昨夏に加入した浅野

あと1試合の出場で買い取り義務が発生も…

ここまで公式戦15試合に出場しているが、あと1試合でも出場すると、アーセナルとの契約に設定された買い取り義務条項が発効する。

その金額は300万ユーロ(約3億9000万円)と言われているが、ハノーファーには移籍金を支払って獲得する意思はない模様。

ハノーファー上層部は”起用禁止令”を通達

そのため、ハノーファーの首脳陣はトーマス・ドル監督に対し、書面で“浅野の起用禁止令”を通達。

ドル監督は「私はあくまで雇われの身なので指示されたことには従うしかない」とし、その後の試合ではメンバー外となっている。

事実上のシーズン終了

■この件は現地メディアも大きく取り上げている

同様の契約条項や状況が、他の選手や他のクラブにも発生している可能性もあるが、これほど明確に表面化するケースは珍しい。

より多く出場機会を与えられるだろうと考えていたアーセナルは、ハノーファーの処遇に怒りを示しているとのこと。

■現在は練習に参加

1 2