1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

新作ブロードウェイミュージカルのプレビューを見に行く機会に恵まれたので、そのミュージカルの感想+一般的なブロードウェイミュージカルのチケット入手方法についてお伝えします。

kiofliesnyさん

「ニューヨーク」というワードで連想することは何でしょうか?

「ブロードウェイミュージカル」と答える人は多いかと思います。

ブロードウェイのミュージカルチケットは年々高騰していて、
ニューヨーク在住者でもブロードウェイミュージカル未体験という人もいたりします。

そんな中、私はラッキーにも新作ブロードウェイミュージカルのプレビューを鑑賞させてもらえました。
多くのニューヨーク旅行者がブロードウェイミュージカルに興味を持っていると思うので、この記事が少しでも参考になればと思います。

鑑賞したのは、【HADESTOWN】というミュージカルです。

2016年にオフブロードウェイで上演され、ロンドンの国立劇場でも上演されていたようです。

【HADESTOWN】という単語は、「HADES」と「TOWN」の2つの単語が組み合わさったものです。
Hades(ハデス)とはギリシャ神話に出てくる神で地下の死者の国の支配者なので、
日本語訳では【ハデスの町】や【死者の国の町】といった感じで紹介されるかもしれないです。

「オルフェウスとエウリディケ」というギリシャ神話がベース

金の竪琴を弾いては誰もまだきいたことのないステキな歌を歌う音楽の名人として慕われていたオルフェウスという男とその妻のエウリュデケは、心からお互いのことを愛していました。

ところがある日、エウリュデケは毒蛇に噛まれて死んでしまったのです。

最愛の妻・エウリュデケを突然失った悲しみに耐えきれなくなったオルフェウスは、妻を取り戻すために、太陽が沈む方角にあるという『死者の国』に向かいました。

頭が三つある化け物のように大きい門番の犬も、城の前に立っている番兵も、オルフェウスの弾く竪琴の哀切な音色の前におとなしくなり、死者の国の人々は魅了され、みな涙を流して聴き入りました。

そして、ついにオルフェウスは死者の国の王・ハデスとその妃・ペルセポネの王座の前に立ち、竪琴を奏でてエウリュデケの返還を求めました。

オルフェウスの悲しい琴の音に涙を流すペルセポネに説得され、ハデスは「死者の国から抜け出すまでの間、決して後ろを振り返ってはならない」という条件を付け、エウリュデケがオルフェウスの後ろについて行って死者の国から抜け出すことを許しました。

目の前に光が見え、死者の国からあと少しで抜け出すというところで、不安に駆られたオルフェウスは後ろを振り向いてしまったのです。妻の姿が一瞬見えましたが、すべては霧のように消え去ってしまいました。

オルフェウスはその場にへたり込み、昼も夜もずっとその場を動きませんでした。
頬は青ざめ、からだは日増しにやせ衰えて、地に頭をつけて二度と目覚めることのない眠りにつきました。

やがてオルフェウスは太陽の沈む遠い国でエウリュデケと出会い、それからは二度と別れることなく暮らしたといいます。

ブロードウェイミュージカル【HADESTOWN】は、「オルフェウスとエウリディケ」のお話を世界恐慌の時代に置き換えたストーリーで、ニューオーリンズのジャズとアメリカのフォークミュージックを組み合わせながら物語を語るフォークオペラです。

個人的な感想

ハッピーエンドではないので、
【HADESTOWN】の物語に対しての好き嫌いはわかれるかもしれません。
確実に子供向けではないので、ファミリーにはお勧めしません。(笑)

ただ、歌や踊りは素晴らしく、特に音楽は生バンドの演奏となっていて、
決して明るい内容の物語ではないのに、活気に満ちた舞台となっています。

ブロードウェイミュージカル全体に言える事ですが、すべて英語の歌や踊りで物語を語るので、
ある程度どのような物語なのか事前学習していった方が理解しやすいと思います。

ブロードウェイミュージカルのチケットの購入方法

チケットサイトやミュージカルチケットを取り扱っている旅行代理店で購入するのが一般的です。

値段に関してですが、ベースの値段に差が生じていても、手数料がプラスされると最終的な支払金額はどこも大きな差が出ないように感じます。。

① Ticketmaster

<<良いところ>>

具体的な座席を選択できる

座席からどんな感じでステージが見えるか確認可能

アプリをダウンロードすれば、アプリでチケット購入+E-チケット保存可能



<<残念なところ>>

日本語ではなく英語のみ

チケットの受け取り方法がいくつかあり、どの受け取り方法を選択したかによって対応が異なるため、英語で何が書かれているのかきちんと理解する必要がある。

サイト内検索で希望のミュージカルを探す

カレンダー上で日時を選択

希望のエリア+列を選択

座席からのステージの見え方を確認することができます。

緑色の「Get Tickets」ボタンで決済ページへ

グッズやパンフレット等を購入したい方は次のページで選択可能

チケットの受け取り方法を選択後、
クレジットカード情報等を入力して決済

一番簡単なのは、Go Mobile。
アプリをダウンロードしておくと便利です。

1 2