出典 rulliさんがアップロード

チェルシー時代、ドリブルする    ガラカー。

ガラカーについての批評は、
「ガラカーはボールコントロールに優れ、
サッカー・センスが高く、本能的にプレイする
タイプだった。
彼は高い技術で対面するDFを簡単に抜き去った。
また彼は小柄であったが、フィジカル面で劣っていても全く気にせず、怖がらず試合をこなす選手だった。
彼は、フィジカルを武器に自分を潰しに来る屈強なDFにしばしば競り勝った。
また彼はキック力があり、強烈なシュートを撃てた」
と説明されている。