1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

今期も刑事ものが高視聴率!春ドラマも「テレビ朝日」が絶好調な件

2019年1月期ドラマで『相棒』『刑事ゼロ』が民放ドラマ視聴率1位、2位を独占したテレビ朝日。4月期春ドラマでも刑事ものの『特捜9』『緊急取調室』『科捜研の女』がいずれも高視聴率。深夜枠の『東京独身男子』も同枠視聴率歴代一位と絶好調。『家政夫のミタゾノ』にも期待。

更新日: 2019年05月11日

5 お気に入り 18921 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆1月期ドラマでトップを独占したテレビ朝日

『相棒 season17』(2018-2019)

テレビ朝日は、1月クールの番組視聴率に関して、民放連続ドラマで「相棒」が1位、沢村一樹主演で新たにスタートした「刑事ゼロ」が2位だったことを報告した。

『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)の最終回平均視聴率が11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だった。全話平均視聴率は10.6%となった。

◆4月期もまずは『特捜9 season2』が好調な滑り出し

早いスタートを切ったのが、テレビ朝日系のドラマ「特捜9」。 初回の視聴率は15.2%。昨春放送のseason1の平均視聴率は14.0%、初回16.0%だったので、season2も極めて好調な出だしを切った。

井ノ原快彦演じる曲がったことが大嫌いな刑事・浅輪直樹と、志保(羽田美智子)ら個性豊かな特捜班メンバーが難事件に挑む姿を描くシリーズ第2弾。

組織としての警視庁をきっちり描くと同時に、ヒューマンドラマ的でちょいコメディタッチな部分をまぶしている。結果として飽きのないストーリー展開となっており、気軽に見られる間口の広さが視聴者を惹きつけている。

やだ、特捜9面白い~ 遂にこれにも嵌まってしまうのか。 テレ朝の刑事ものに弱すぎ。

◆続く『緊急取調室 第3シーズン』は『特捜9』を上回るスタート

天海祐希が主演する刑事ドラマ『緊急取調室』の第3シーズンが、4月期のテレビ朝日系木曜ドラマ枠(毎週木曜 後9:00)で放送。

本作は、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる姿を描く。

第3シーズンの初回も平均15.2%、最高17.5%まで上昇する、幸先の良いスタートを切った。

台本・演技・演出と今回も完璧なTHIRD SEASON。"キントリ"ファンをどこまで楽しませてくれるのか、新たな期待が膨らむ。

緊急取調室安定すぎる シーズン3の刑事ものの取り調べっていう範囲の狭い内容のに、毎回ストーリーの被りもなくていつも面白い! 最後大杉漣さんのテロップ出てきたときは泣いた #緊急取調室

◆初の1年間放送『科捜研の女19』も安定の二桁

4月18日より来年3月まで1年間のロングラン放送が予定されているテレビ朝日系木曜ミステリー『科捜研の女』。

本作は、法医研究員・榊マリコ(沢口)ら、“科捜研”のメンバーが、それぞれの専門技術を武器に事件の真相解明に挑んで行く人気ミステリー。

◆新作ドラマ『東京独身男子』も深夜枠として歴代1位に

高橋一生が主演を務め、4月13日に放送された土曜ナイトドラマ「東京独身男子」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の第1話が、平均視聴率5.7%を記録した。

1 2