1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hideto0906さん

五大ウイスキー

五大ウイスキーとは、ウイスキー生産地の特に人気の5つの地域をいいます。

スコッチウイスキー

スコッチウイスキーはスコットランドで作られるウイスキーを言い、世界で最も多くウイスキーを生産地しています。

泥炭という枯死した湿地植物などが炭化した石炭をスコッチ独特のスモーキーな味わいがあります。その独特のスモーキーさがある。

代表的なものはボウモア、ラフロイグ、アードベックなどがあります。

独特のな味わいからラフロイグ蒸溜所所長は「好きか嫌いか中途半端はない」というのが口癖といいます。

アイリッシュウイスキー

アイルランドで作られるウイスキーで、五大ウイスキーの中では最も歴史が長く、一説によるとウイスキー生誕の地とも言われています。

スッキリ飲みやすいのウイスキーが多いのが特徴です。
その秘密は、ほかのウイスキーは蒸留を2回ほど行うのに対し、アイリッシュウイスキーは3回行うことでライトな味わいになります。

比較的少ない銘柄数ですが、代表的なものはブッシュミルズ、カネマラ、ティーリング、タラモアデューなどです。

アメリカンウイスキー

アメリカのケンタッキー州でつくられ、バーボンウイスキー、ライウイスキー、ホイートウイスキー、コーンウイスキーなどまた枝分かれしますが、一番有名なのはバーボンです。

バーボンにも、トウモロコシ51%以上、内側を焦がしたオークの新樽を…とまた定義があり複雑です。

味わいはオーク樽やトウモロコシ由来の甘さを持ち、熟成年が若いものを使用することが多いので、その荒々しいアルコールさも目立ちます。

代表的なものは、メーカーズマーク、ジムビーム、I.W.ハーパー、ワイルドターキー などです。

カナディアンウイスキー

カナダで作られるウイスキーは、五大ウイスキーの中で最もクセの少ないウイスキーとされています。

「ライ麦ウイスキー」とも呼ばれ、ライ麦を原料としたものと、トウモロコシを原料としたものをブレンドし3年熟成させることで、クセの少ないスムースなものにしている。

カナディアンウイスキーは日本には馴染みはないがウイスキー初心者にとって、入りやすいウイスキーと言える。


代表的なものは、カナディアンクラブ、クラウンローヤル、カナディアンミストである。

ジャパニーズウイスキー

日本で作られるウイスキーで、スコッチウイスキーを見本として作られたと言われている。しかし日本人の味覚に合うよう、スコッチ独特の香りは控えめになっている。

近年数々の品評会で受賞され、人気の高まっている銘柄です。

代表的な銘柄は山崎、白州、ブラックニッカ、角など。

1