1. まとめトップ

家賃保証会社の注意する点とおすすめのポイント

家賃などの際に利用することがある家賃保証会社。利用するときの注意する点やおすすめのポイントを紹介しますので参考にしてください。

更新日: 2019年04月19日

2 お気に入り 1229 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

家賃保証会社とは?

家賃保証会社とどのような内容の会社のなのでしょうか?多くの人が利用したことがないためにわからないと思います。利用を考えている方が安心して利用できるように詳しく紹介します。参考にして利用するか決めてください。

「退去時の残置物の処理費用」や「明け渡し訴訟における法的手続き費用」「訴訟手続機のサポート」「原状回復費用」といった費用や対応について保証をしている商品もあります。

多くのサービスがありますので、困ったら相談することをおすすめします。

家賃保証会社(やちんほしょうがいしゃ)とは、賃貸住宅の契約時に必要な賃借人の連帯保証人を代行する会社で、不動産賃借人との間で保証委託契約を締結する会社である[1]。賃借人が家賃滞納などの家賃債務の債務不履行をした場合、賃借人に変わって家賃保証会社が代位弁済を賃貸人に行う。賃貸保証会社、家賃債務保証会社という呼称を用いることもある。

連帯保証人のようなことを行ってくれます。

一般的には、以下の保証料を設定している会社が多いです(数字はすべて相場)。

●(初回)実際に借りる物件の月額賃料などの合計に対し約30~100%
●(更新時)更新保証料として月額賃料などの合計に対し10% or 1万円程度

相場を理解した上で契約しましょう。

家賃保証会社の注意する点

家賃保証会社について注意しなければいけない点があります。初めて利用する方が何もわからずに契約してしまうと、多くの費用が必要になってきたり、内容が十分ではないものがありますので気をつけてください。初めて契約する方にも安心できるように家賃保証会社の注意点について紹介します。

貸主側として、保証もしてくれて代わりに督促もしてくれるからできるだけ利用したいという気持ちにもなるかと思いますが、家賃保証会社は「費用」がかかります。多くの家賃保証会社が初期費用として毎月の家賃の30%〜100%が必要となり、毎年更新料がかかります。(各家賃保証会社によって異なります。)

価格が安い家賃保証会社を選んでも費用はかかってしまいます。

入居者の有無にかかわらず手数料の額は変わらないため、空室が発生しない満室の場合は、本来得られたはずの利益が1~2割り程度減ってしまう計算になります。

収入が減ってしまいますので収入を増やしたい方は契約しないことがおすすめです。

その取り立ては大家や不動産の場合よりも厳しいものになります。同時に、家賃を滞納することで信用情報に傷がつくおそれもあるのです。そうなると、今後、クレジットカードなどの審査に通りづらくなってしまいます。

家賃滞納には気をつけてください。

おすすめの家賃保証会社3選

どこの家賃保証会社と契約しようか悩んでいる人もいるかと思います。そんな方のためにおすすめの家賃保証会社3選を紹介します。あらゆる観点から選びましたのであなたに合った家賃保証会社があると思いますので参考にしてください。

家賃保証会社として20年以上の実績を持ち、なおかつ無借金経営を続けるという堅実さが最大のおすすめポイント。高額な賃料の保証も可能で、入居者審査の承認率98%以上と高水準。徹底したコンプライアンス遵守や食料支援・住居支援・生活支援などの入居者支援制度も導入しています。

フォーシーズという会社になります。

売上高が100億円を超え、家賃保証業界でもトップの規模を誇る企業です。財務基盤を知る要素としては現預金比率にも注目。2016年度は94.4%となっていますが、高い比率をキープしていることから、安定した経営状況が推察されます。入居者審査は同社独自の基準とノウハウによって行われます。

日本セーフティーという会社になります。

破産したリプラスの保証事業であるレントゴーの事業を引継ぎ、合併・統合を繰り返し、主な株主には銀行や投資ファンドが名を連ねています。現在では主要都市10か所に拠点を持ち、独自ネットワークで入居者審査を行い、アプリを活用した賃貸管理システムや入居者向けのクラウドサービスを導入しています。

Casaという会社になります。

1