1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hideto0906さん

クラフトウイスキーとは?

まず、クラフトウイスキーとは、、
クラフトとは「技能・手工業」の意味があり小規模生産のものをいいます。

クラフトビールブームが起こり、同じ大麦麦芽、ライ麦などを使うウイスキーを醸造所が作り始めたケースが多いです、近年のウイスキーブーム(特にシングルモルト)

クラウドファンディングなど資金調達が容易になった今、新たに蒸溜所を作ることもあります。

秩父蒸溜所

日本のクラフトウイスキーを語るには欠かせない存在です。

秩父蒸溜所は2008年に稼働を始めた日本特有の高級木材「ミズナラ」を使ったウイスキーは世界でも人気が高い。

秩父蒸溜所が作っているイチローズモルト

たくさんのラインナップ、限定品がありますが軒並み完売となっています!!!

厚岸蒸溜所

なかなか聞きなれない名前の蒸溜所だと思います。
2016年に蒸溜開始したとても新しい蒸溜所です。

本場のスコッチウイスキーを日本の物でつくりたいと、発足し、厳しい環境であり、スコッチウイスキー産地のアイラ島と似た土地である厚岸に創設された。

まだ熟成途中ですが、2018年2月、『厚岸 NEW BORN FOUNDATIONS 1』を発売し、完成が待ちきれないウイスキーマニアたちに飲まれました。
続いて2018年8月、『厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 2』を発売
2019年3月、『厚岸NEW BORN FOUNDATIONS 3』を発売しています。

長濱蒸溜所

佐賀県の琵琶湖のほとりでクラフトビールを作っていた会社で、2016年11月に地ビール造りの施設内に”日本最小”の蒸溜所をオープンしました。

こちらもまだ本格的に稼働していなく、新樽(ニューポット)今後が楽しみなです。

イチローズモルトのリミテッドエディションとMWR入りましたー。通常のもあるので飲み比べてみてくださーい(・Д・)ノ45ミリでノーマル600円、MWR900円、リミテッド1300円です!これでも値付け頑張りました(>_<) pic.twitter.com/TJLQICr02e

一方クラフトウイスキーな蒸留所も増えてます。この中でも特に人気なのはやはりイチローズモルトの秩父蒸留所かな。#TWLC pic.twitter.com/EoZJGjDb4k

1