1. まとめトップ

【IoTって何?( ゚Д゚)】美容女子のために進化する美容テックを優しく解説!

最近シャンプーやコスメでよく聞くようになってきた『IoT』や『パーソナライズ』。インターネットや機械の事はよく分からない!って方も多いのではないでしょうか?インターネットを通じて自分に合った、自分専用の商品が簡単に選べるようになりました。でもまだパッとしない方にために詳しくまとめてみました。

更新日: 2019年04月20日

4 お気に入り 3176 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

fuwamofu0608さん

今さら聞けない…IoTって何??

「IoT」という言葉が最近よく使われるようになりました。しかし、IoTの読み方や、「IoTって何?」とIoTの意味をまだご存知でない方も多いと思います。そこで、IoTとは何か、IoTで何が実現できるのかを例を用いできるだけ簡単にわかりやすくご説明いたします。

IoTは"Internet of Things"の略でモノのインターネットと訳されています。読み方はアイオーティーです。IoT:Internet of Things(モノのインターネット)とはモノがインターネット経由で通信することを意味します。

洗濯機に体重計、歯ブラシ……。IoTの進化で、私たちの身のまわりに溢れる日用品が次々と「スマート化」し始めている。

今さら聞けない②パーソナライズって何??

パーソナライズを端的に説明すると「個々人の興味・関心・行動に合わせてサービスを最適化する概念またはその手法」を指します。

簡単に言ってしまえば、買うものや体験そのものを、その人に合わせて “パーソナライズ” すること。

たとえば、自分だけの香水、自分だけのシャンプー、自分だけの観光ガイド……。

今後さらなる発展が期待される美容業界

雑誌やネットに溢れる美容情報。自分に効果があればいいものの、中には個人差があって効果がないものもあり、惑わされるユーザーは多いのではないでしょうか。中には、怪しい情報もあったり…

様々な美容情報に惑わされることなく、テクノロジーの力で自分の肌質や生活スタイルにぴったりの美容情報を手にすることができるのです。

企業にとってもユーザーの個々の肌の状態に合わせた商品を提案できるため、美容IoTはメーカーにとっても様々なメリットをもたらすことが期待されています。

BOTANIST 「my BOTANIST」

「BOTANIST(ボタニスト)」から、自分に合ったシャンプーやトリートメントを選んでくれるパーソナライズシステムが登場!

「ボタニスト」は2015年に誕生し、発売から3年で全製品の累計出荷本数が5000万本を超える人気ブランドだ。

毛髪診断士が企画した「マイ ボタニスト診断システム」を使用し、髪質やクセ、頭皮の臭い、毛量、なりたい髪質、生活環境、好みの香りなど、9つの質問に答えると、植物由来の基本成分にそれぞれに合わせた成分を独自に処方したシャンプーやトリートメント、頭皮用美容液、ヘアミルク、ヘアオイルを購入することができる。

質問に答えていくと、好きな香りを選ぶ項目が出てきます。4つの香りから自分の好きな香りをチョイスできます。なんと!シャンプーとコンディショナーでも香りが変えられるんです!人と被らない自分だけの組み合わせができます。

資生堂 「Optune (オプチューン)」

スキンケアのパーソナライゼーションを実現する新しいスキンケアシステム「Optune(オプチューン)」

スマートフォン(iPhone)にダウンロードした専用のアプリケーションソフトによる肌測定データや、温湿度などの環境データを独自のアルゴリズムで分析し、その時どきに合わせたスキンケアを専用マシンから提供する。

1,000パターン以上の組合せから選び出されたセラムとモイスチャライザーの2ステップケアで、一人ひとり、その時どきの肌の要求に応える。

サムスン 「エス-スキン(S-Skin)」

LEDの光により、肌の赤らみや、メラニンのレベル、肌の水分などを分析する。それらの時系列的な変化を追い、生分解性マイクロニードルのパッチでお肌の問題箇所に有効成分を届ける

機械を肌に触れさせるだけで、肌の表面の水分値、赤みの割合、メラニン色素の数値といった、美肌を保つ上で重要な数値を検出。それらの数値を統合した上で、現在の肌状態の総括的なアドバイスを受けることができます。

1 2