1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アマゾンも撤退…なぜ中国は「外国の企業」を排除し続けるのか

中国へ進出するも撤退する企業が後を絶ちません。その理由とは?

更新日: 2019年04月20日

27 お気に入り 119846 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■米アマゾンが中国撤退を発表した

アマゾンは、今年7月18日に中国国内で第三者の商品をネット通販する「マーケットプレイス」事業を停止する。

Amazonのシェアは、アメリカ国内では50%であるのに対し、中国国内は0.7%と苦戦していた

■アマゾンでも中国には通用しなかった

証券のアナリスト、マイケル・パクター氏は「利益も出ないし成長もないためアマゾンは撤退を決めた」と分析

専門家からはアマゾンの苦戦の要因として、中国市場における競争の激しさやアマゾンのブランド認知度の低さを指摘する声が上がっている。

ロイター通信が最初に報じたところによると、今回の撤退計画は、海外の商品販売やクラウドサービス事業など、より利益を上げられる事業に重点を置くためのもの。

■中国を撤退したのは中国だけではない

アマゾン以外の欧米小売大手も中国でのEC事業から撤退している。米ウォルマート・ストアーズ(WMT.N)は2016年にネット通販サイトをJDに売却

アメリカのネット検索最大手グーグルは3月22日,中国本土で展開するネット検索サービスから撤退し,今後中国からのアクセスについては,グーグル香港のサイトに転送する方針を明らかにした。

2010年のニュースです。

フェイスブック(Facebook)ツイッター(Twitter)ライン(LINE)インタグラム(Instagram)ユーチュブ(Youtube)ニコニコ動画 2ちゃんねる ドロップボックス(Dropbox)エバーノート(Evernote)グーグル(Google)

これらは許可さえされていません。

■日本企業も相次いで撤退。この間ミスタードーナツが徹底した

「ダスキン」は、運営するドーナツチェーンの「ミスタードーナツ」について、中国事業から撤退する方針を明らかにしました。

24日に上海で運営する全10店舗の営業を終了する。同社が20日までに明らかにした。

■そしてソニーが、明治乳業が、スズキが…

■いったいなぜ皆中国から撤退するのか。原因の一つとして「中国政府」がある

中国で成功する企業を築き上げるには、まずは円滑な業務活動へとつなげていくことができる強みのある政府との関係を築き上げることが重要

外国企業と中国企業は時々限界に挑むことがあるが、政府に対する直接な挑戦や政府からの指示に従わないとそれは片道切符を意味する。

受注拡大を見込んでいた日系企業以外の現地大型プロジェクトが当局の政策で現地ゼネコンに流れる傾向が強まっており、事業方針を見直す

地元企業を優先させるという暗黙の了解があるようです。

1 2