1. まとめトップ

桜井誠率いる日本第一党の選挙結果

さすがに負けすぎぃ?(≧Д≦) 日本第一党のこれまでの選挙結果をまとめました

更新日: 2019年04月22日

1 お気に入り 2905 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2019年 統一地方選挙

pomeraniansさん

2016年 東京都知事選挙

桜井誠 落選

2017年 東京都議会議員選挙

岡村幹雄 落選

2018年  那珂市議会議員選挙

原田陽子 落選

2019年 統一地方選挙(前半)

福岡県議会議員選挙
桑鶴和則 落選

京都市議会議員選挙
西山傑 落選

相模原市議会議員選挙
西山和弘 落選
井上晃佑 落選
古澤慎悟 落選

2019年 統一地方選挙(後半)

八王子市議会議員選挙
岡村幹雄 落選

調布市議会議員選挙
朝倉慎之輔 落選

国分寺市議会議員選挙
大木慎一 落選

練馬区議会議員選挙
大村小太郎 落選

新宿区議会議員選挙
堀切笹美 落選

八尾市議会議員選挙
村上利一 落選

藤井寺市議会議員選挙
小林宏助 落選

地方議員選挙当選は比較的簡単

選挙区にもよるが、国政選挙や首長選挙と違い地方議員選挙は比較的当選しやすい。
そのため無名な無所属候補者、支離滅裂な主張をしている人、まともに選挙活動をしていない人が当選することも珍しくない。

そんな中、10人以上の候補者を出し、数ヶ月前から統一地方選挙に向けて街宣やポスティングなどを精力的に行ってきた日本第一党が全滅し、そのほとんどが最下位付近で落選するとはある意味すごい。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるの理屈で、10人以上も出せば1人くらい当選するだろうと思っていたので驚いた。

現時点で合計860万円の供託金を払っている

その上、一般的に選挙には供託金の10~20倍程度の活動費がかかると言われている。日本第一党が選挙にどの程度の活動費をつぎ込んだかは分からないが、通算で相当な額になっていると予想される。
その活動費は支持者の会費や寄付金によってまかなわれている。

1