1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ゴジラの雰囲気が壊れる!?『日本版主題歌』に様々な声

確かにファンの言いたい事は分かりますが・・・

更新日: 2019年04月22日

9 お気に入り 36716 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼日本が誇る怪獣映画

1954年に日本で“誕生”、これまでに30本以上が製作され、今シリーズ累計動員数が日本国内だけで1億人を突破している国民的アイコン「ゴジラ」。

ゴジラとキングギドラが対峙 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』日本限定ポスター公開 | ぴあ映画生活 bit.ly/2VAOKLS #映画 #eiga pic.twitter.com/uuLz7vTPtZ

ゴジラ生誕65周年の今年、ハリウッド版の新作『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が5月31日に日米同時公開される。

『GODZILLA ゴジラ』から5年後の世界を舞台に、復活した神話時代のモスラ、ラドン、キングギドラらとゴジラの戦いや、戦いによって引き起こされる世界の破滅を阻止しようとする未確認生物特務機関・モナークの活躍を描く作品。

エレガントで真の女神をイメージしたモスラ、火山の溶岩にも耐えられるような強靭な体を持ったラドンや、空中では如何なる敵も敵わないという強力さを持つキングギドラが初めてハリウッド版に登場。

マイケル・ドハティが監督を務め、カイル・チャンドラー、ヴェラ・ファーミガ、ミリー・ボビー・ブラウン、サリー・ホーキンス、チャン・ツィイー、渡辺謙らがキャストに名を連ねる。

▼そんなゴジラの主題歌が[ALEXANDROS]に決定

5月31日(金)に世界同時公開される映画『GODZILLA ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の日本版主題歌に決定。

日本版主題歌に新曲「Pray」を提供した[ALEXANDROS]は、人類愛を壮大なロックバラードで表現。

ゴジラをイメージした楽曲(「Kaiju」)を制作するほど、大のゴジラファンでもある川上洋平(Vo&Gt)は、主題歌を担当することに「いつの日か何でもいいからゴジラの映画の作品に関わりたいと思っていたのでとても嬉しく思います。」と喜びのコメントを寄せている。

この曲は、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の感動やスケールを見事に反映している。日本の有名なアーティストに、このような魅力的な曲を提供してもらえたことを大変嬉しく思っている。

ゴジラ気になってたんだけど、見に行くしか。主題歌はドロスですか。

アレキサンドロス聴いたことなかったんだけどカッコいい曲多いしちらっと聴いたprayも良い曲だったんで全然ゴジラ日本版主題歌受け入れちゃう

5月に公開されるゴジラの映画、日本版主題歌がドロスなんだが、とにかく素敵。これエンドロールで聴いたら泣くやつ。 Pray/[ALEXANDROS] youtu.be/LtD0fGeFfK8 @YouTubeより

▼なぜ今回主題歌を担当する事になったのか?

2016年に『シン・ゴジラ』という映画がありまして、その制作発表のニュースが流れた時に、ユニバーサル(所属レーベル)の担当の方にLINEを送って「主題歌やりたいって言ってください!」ってお願いしたんです。

それで動いてくれたんですけど、「今回は歌とか使わないので……」というお返事で「そうか……」って(笑)。そこから「kaiju」を作ったんですけど、3年後に東宝さんから連絡があって(笑)。

▼一方でこんな声も・・・

主題歌ともなれば、オリジナルの製作者の許可が必要になるわけで、マーケティングのために監督も了承するのが一般的。

余韻に浸りたいのに、そんなことも関係なく無理やり現実に引き戻される感じ。

1 2