1. まとめトップ

三菱が誕生して間もない頃に手掛けた自動車は今の車の立派な礎となった

今では日本や海外で大きく展開している三菱グループは、明日を切り開くという方針を大切に受け継いでいる。

更新日: 2019年04月22日

2 お気に入り 700 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

歴史の原点は明治時代の1870年にさかのぼり、土佐藩の岩崎彌太郎が海運事業を始めたことから徐々に基礎が確立し、1946年に本社が解体してもそれぞれが独立してきちんとした会社になったので、今でもしっかりと存続する会社へと発展した。

cobbyjpさん

明治3年に誕生した三菱は、財閥にふさわしい事業を展開していた

1870年に海運会社九十九(ツクモ)商会(後の三菱重工業)の自動車事業部門として設立されたのが起源。1917年に三菱造船が自動車製造を始め、1934年に同社が三菱航空機と合併し三菱重工業となると、三菱重工の一部門として自動車を生産するようになる。戦後の財閥解体により中日本重工業(後に三菱日本重工となる)への移譲があったが、1964年に再統合され三菱重工業の一部門となる。

1970年に三菱重工業から企業として独立をし、三菱自動車工業を設立。1988年に東京・大阪・名古屋の証券取引市場第1部に株式上場。この頃は、日本で唯一の軽自動車から大型トラックまで製造する自動車会社であった。

【MITSUBISHI MOTORS SPIRIT: #京都製作所 編 Vol.2】 第2弾は「超難問!クルマQ」です。「この部品が使われている車種名とエンジン型式は?」とのかなりマニアックな質問に“匠”の技術者は即答でした。#三菱自動車 pic.twitter.com/ysg50ci8NY

大正時代に入ってから、初歩的な自動車・三菱 A型の開発に乗り出した

今から100数年前、三菱合資会社は知恵を出し合って一つの自動車を作り上げた。その頃は製造の機械なんてなく全て手作業で作り、やっと完成した時は昔ながらの風情が詰まっていて、福岡博覧会に出品した。ボディタイプはセダンに分類され、肝心のエンジンは直列4気筒4サイクル側弁式・SVだった。タイヤは今よりも少し薄いダンロップタイヤで、趣旨は社運を賭けたものではなく自動車作りへの挑戦を目指し、1921年に製造を中止した。現在A型は、精巧に復元したレプリカとなって三菱オートギャラリーに展示されている。

個人的三菱四大名車 三菱A型 初代ギャランVR-4 2代目パジェロ アウトランダーPHEV pic.twitter.com/P4YB7qsJki

100年前の三菱 A型 を再現、ベース車は アウトランダーPHEV【ロサンゼルスモーターショー2017】 response.jp/article/2017/1… #三菱 #mitsubishi pic.twitter.com/3ZXQRbMMVU

フルタイム4WDを採用した軍隊用の自動車・PX33

三菱の重要な戦力となっているクロスカントリー4WD・パジェロの起源は、1935年に誕生したPX33に該当する。これは軍事利用の委託を受けて作った日本国内で初めてのフルタイム4WD車となり、モータースポーツでも堂々と成功できるように作られ、全体的に見るとレトロな雰囲気のハッチバック車という印象がある。こちらも今ではレプリカになって三菱オートギャラリーで堂々と展示されている。

岡崎のオートギャラリーにあるのは通常モデルだしかつて各地のディーラーに展示されてたパリダカ仕様は何処にいったのかしら? 海外にも何台かあるみたいだけどそもそもソノート社の三菱PX33レプリカって何台作られたのかしら? pic.twitter.com/iTuq5SAKbK

[パリダカ名車図鑑]三菱PX33 PX33は三菱が30年代に作った試作車両。それをフランスの三菱ディーラーであるソノート社がパジェロを使ってリバイバルした。パジェロベースだからラリーも出来るんじゃね?ってことでジョッソーなる危篤なフランス人がパリダカ仕様に改造。実は総合13位。 pic.twitter.com/oGnwlq36PC

三菱・パジェロジュニアフライングパグ 光岡の車ではない。カープラザ20周年記念として、PX33という旧日本軍車両の外観に改造された千台限定車両。曲線ゴリゴリでデコられるも、キャビンは直線基調。レアだが中古車サイトで買えますpic.twitter.com/WvmJr2GDaq

画期的な3輪トラック・みずしまと斬新なスクーター・シルバーピジョン

太平洋戦争が終わってから開発した3輪トラックのみずしまは、頑丈なのに構造が簡易で3A型空冷4ストロークOHV単気筒が搭載されており、原動機付自転車のような形状をしたシルバーピジョンは112cc2ストローク単気筒エンジンが使われて手軽に使える庶民の足として有名だった。ここから三菱自動車は独自の自動車の方針を固めていくこととなる。

三菱シルバーピジョンに乗って三菱派であることを国民に広く知らしめる天皇陛下。C-12。それに対してイヤイヤ中島派もなかなかやるよと富士重工のラビットに乗ってお示しになる昭和天皇。S-2。#不敬罪かな #よく考えたら親子で楽しそうな #この献上車二台どこ行っちゃったんだろ pic.twitter.com/eS4KgLzCJI

いかにも力強そうなたくましい走行を見せつける4輪駆動車・ジープ

1953年から2001年まで三菱が心血を注いできた4輪駆動車・ジープは軍隊や防衛庁が使うのにふさわしい車種で、開発当初は市民に向けた「シビリアンジープ」という趣旨を目指していた。生産方法は必要な部品を輸入して自国で作るノックダウン生産を採用し、運転席が左ハンドルから右ハンドルに変わったことも特徴で、四輪駆動車に関するライセンス生産が認められたことによって、本格的な国産化となる。さらにエンジンはサイドバルブ式ゴーデビルエンジンからディーゼル式に変わり、1998年には生産終了を記念する300台の限定車が進出した。ジープそのものが終わってしまっても、立派なSUVのパジェロに受け継がれている。

先週の滝ヶ原でも87ATMを運んできた三菱ジープ。 久居でも出てきました!! まだまだ現役!! 駐屯地祭ってその年ごとの流行がありますが、これもそのひとつなんですかねw 運転手が腰につけてるホルスタも懐かしの革製です。 #久居駐屯地 pic.twitter.com/iLfNphvDbN

宣誓! わたくし、ぴよニングCarは! 昭和生まれの三菱ジープを使い!平成を越して令和になっても! キャブで大気を吸い続けることを誓います! 平成31年 4月20日 ぴよニングCar pic.twitter.com/uVOVD2iZVl

爆発的人気を誇って脚光を浴びた3輪トラック・レオ

先ほど紹介したみずしまは、同じ軽3輪トラックの形状を受け継いだレオに発展した。こちらは最後の軽3輪トラックとなり、オールスチール製の全天候型キャビンやME20型・310ccOHVエンジンを採用している、最高速度は時速74kmにも達して軽3輪の中で群を抜いていることが挙げられる。そしてみずしま、レオを含む三菱自慢の軽3輪トラックは、1962年に生産を完全に停止した。

川越市立博物館「なつかしい昭和の自動車展」絶賛開催ちう。 ダイハツ・ミゼット(MP4、MP5前期×3、MP5後期×3) ダイハツ・SKC7 ダイハツ・CLY71 マツダ・K360 新三菱・レオ 新三菱・みずしまMT5F 三井精機・オリエントTR2 ホープ自動車・ホープスターSU pic.twitter.com/61LuP9kC9w

昨日は川越市博物館でやった、オート三輪の展示会に行ってきました。 14台が集まりました。 車種は、オリエント、みずしま、マツダ、ダイハツ、ホープスター、ミゼット、マツダK360、三菱レオです。 三菱レオは映画の三丁目の夕日64に出た車です。 pic.twitter.com/kc7W4w4oVo

こちらが三菱レオ、マツダK360の並びと、ミゼットの並びです。 ホープスターは屋内展示で撮るの忘れました どの車もちゃんと自走で来ました。 寒かったけど楽しかったです。 pic.twitter.com/c8OiPNT7Aq

国民に親しまれるよう設計した三菱500は、立派なファミリーカー

戦後で初めての一般向け乗用車となる三菱500は、かわいらしい2ドアセダンの形状を留めていて、エンジンはソレックスキャブレター1個付のNE19型、空冷、直列2気筒OHVを揃え、3速マニュアルトランスミッションも加えたので最高時速は90kmにも達した。翌年には車名をそのまま保ち、スーパーDXが追加された。これらは軽自動車に分類されるが市場ではあまり人気がなく、短い間で終了してしまったとCOBBY。

1 2