1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

酷すぎる日本の闇…「ハーフの子供」に対するイジメが深刻だった

イジメで苦しんでるハーフの方々が多いようです。

更新日: 2019年04月22日

20 お気に入り 89155 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を基に作成しています。

■増加している在日外国人

日本に住む外国人の方々も増えています。コンビニやチェーン展開するレストランなどで外国人の店員さんを見る機会が増えた方も多いのではないでしょうか。

2018年1月1日時点で、外国人住民は前年比17万人増えて過去最多の249万人となった。少子高齢化、人口減社会に突入した日本で、外国人が不足する労働力を補っている。

■このような現状がある中、考えて行かなくてはならないのが「ハーフの子供に対するイジメ」

「天然パーマ」「毛が濃いんだよ」。彼女の容姿に対して毎日言われたことば。黒板に書かれた彼女の似顔絵に投げつけられたスリッパ

ハーフにとっては大きな問題でもある「いじめ」、多くの人が乗り越えてきたいじめ問題

■周りの子と違うというだけでイジメられる

物珍しかったのか「あっち行け」とか言われることがすごくあって。私の場合はやっぱり肌の色のことで強く言われることが

肌の色の違いや日本語の拙さからいじめられるなど、疎外感やアイデンティティの揺れに苦しんでいる子も多い。

クサイ、汚い、ばい菌、外人菌、みんな近寄るな外人菌がうつるぞー、外人菌が来たぞー、外人は外国へ帰れー、ばい菌、バイキン、バイキン、国帰れ

■「ハーフである」どれだけで人生が台無しにされてしまう

少女は、過去に体験した記憶から逃れることができず、心の傷は癒えることはありませんでした。「いつまでたっても、普通の女の子には戻れない」

学校の教員たちは、誰一人として少女の側に立たなかった 暴力事件のショック、そして学校側の不信感から、少女は登校拒否になってしまった

もし、「ハーフ」「ダブル」の子どもから相談を受けたら絶対に軽い問題だと考えないでいただきたい

■イジメの対象になってしまった有名人も多い

スペインにいた小さいときは『チノ』という中国人を指す差別用語を浴びせられ、日本に帰ってきてからは『ガイジンだ、ガイジン』って言われてきた。

城田優さんのエピソードです。

潰した唐辛子が目一杯入っているバケツに、頭を何度も突っ込まれ、その後母親の所に戻った時に、母親が泣いていたというエピソードを語りながら涙を流すLISA。

m-floでデビューするまでも、多くの苦悩と挫折があったLISAのエピソードです。

フランス人の父と日本人の母を持つマーク。ブログには茅ヶ崎の幼稚園時代の写真を投稿し、「小さい時からみんなと違った。外人と呼ばれ、金髪を野次られ、子供の頃は辛かった」と打ち明けた。

LiLiCoは、父親がスウェーデン人、母親が日本人の“ハーフ”の見た目で同級生たちから壮絶ないじめを受けたという。

子どもの頃は「ハーフ」という理由で奇異の目で見られ、いじめられた。母子家庭で育ち、貧困も経験した。

玉城デニーさん(58)の経験です。

水原はアメリカ人の父と韓国人の母のハーフで生まれはアメリカであるため、アメリカ人ということになる。彼女はこれまで主にインターネット上で人種差別的な誹謗中傷を頻繁に受けてきた

大人になってからもいじめがある日本ってどうかしてませんか?

■日本は他人種が少なかった為、「容姿が違う」というだけでイジメの対象になる

1 2