1. まとめトップ
  2. おもしろ

『その界隈にそんな実情があったとは!?』ってなる報告が興味深い

Twitterには様々な呟きが溢れていますが、「その業界、界隈でそんな実情があるとは…(汗)」って感じさせる興味深いツイートを紹介します。

更新日: 2019年04月23日

24 お気に入り 111992 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Twitterユーザーの皆さんが呟いた、様々な界隈における「実情」報告の中から興味深い投稿をまとめました。

justastarterさん

◆『PTAの役員決め』にまつわる実情 【2選】

PTAの役員決めが地獄だった。家庭の事情があってとてもPTAどころじゃないお母さんが、その事情を説明した上で辞退をお願いしてるのに、周りは「働いてる人もやってる」とか「LINEを使えばできる」とか言い出して嫌な雰囲気に。なんで子供が義務教育を受けてるってだけでこんな思いをしなきゃいけないの

家庭の事情でPTA活動に参加できないお母さんはもちろん、それを許せないお母さん達も誰も悪くないんだと思う。みんな一緒に我慢してやらないと成り立たないPTAのシステムに問題があるんだよ。時間的に余裕のある主婦に依存してた時代とは状況が違いすぎる。

@krttn78 @tcnt9J5hLLGIjSP その後そのお母様はどうなられたのでしょうか?役員になってしまったのですか?

@Mariage1010 結局、司会の役員さんが「事情があってのことなので、他の方に気持ちよく引き受けていただけるとありがたいです」と言ってくださって、これまでに役員をやってない方に決まりました。でも、後味悪かったですね…

PTAの役員決め「どなたか…?」と聞いた前年度役員から顔を逸らし全員が下を向き、そこから地獄の沈黙タイムがはじまったわけだが、前年役員の顔から笑みが消え、プリントを握る両手に力が入ったところで私が精神的に耐えることができなくなり「私やります」と挙手しました。きっと天国に行ける

@Riko_Murai この我慢大会に耐えられるかどうかが勝負。年度始めの全体会見回せば押しの弱そうな断れないタイプばかり。区の会長会はその中でもお人好しのトップを極めた気のいいおばちゃんの集まりでした…。

◆とある『婦人会』にまつわる実情

近所のおばさまたちから、自分たちは引退したいので婦人会に入ってほしいと言われた。 どんなことをするのかと聞くと、自治会の掃除の時のおつまみ作り(男性の飲み会用)や子供みこしの時の炊き出しをするそうだ。 なんで夫も子もいない私がよその旦那や子供の為に炊き出しせんといかんのや。

災害時など特殊な時は協力するよ。 でもさ、年寄りばっかりでやってけないような会ならやめちまえばいいじゃない。 弁当取ったり方法はいくらでもあるでしょ。 人手が足りないなら金で解決しようよ。

◆とある『老人会』にまつわる実情

祖母が老人会で歳下の男性に「この後お茶でもいかがですか☺️」と誘われ、周りが慌てて「生きてる!!その人まだ旦那さん生きてるよ!!まだダメ!!」と一斉に止めに入ったそうで、高齢化社会における恋愛ルールの煩雑さを肌で感じる春の日

@suama13 うちの故ばーちゃんも未亡人時代、ゲートボール仲間の同年代男性3人から告白されたらしく「けんかをやめて」状態だったらしい。 老人だって恋くらいするし、セックスだってするよ。

◆『婚活界隈』における実情 【3選】

婚活女子で早慶以上を最低ラインにする方が沢山居ます。高学歴を求める理由は「高学歴じゃないと話が合わなそうなので」なのですが、当の本人は短大卒だったり偏差値低めの大卒であることが多いです。そして高学歴の方に会わせるとほぼ確実に男性側から「話がレベルが合わない」とお断りが入ります。

ツイッターで今までフォローしてきた限られた人の中でも、 「ハイスペックな医者(あるいは経営者)と結婚したけどモラハラがひどくて別居した」 みたいな人が2〜3人はいて、婚活界隈で最高のゴールとされる「ハイスペとの結婚」もハッピーエンドとは限らないのだと思った。

今20代でモテてる人は30代になってもそこそこモテるし口説かれる。でもね、中身はだいぶ変わってるよ。 例えば20代は『口説いてきた男性の10人中8人は本気』だったけど、30代は『口説いてきた10人のうちの7人くらいはヤリモク』になってる。

◆『ラブホテル』にまつわる実情

ラブホの照明が薄暗いのには、たくさんの理由がございます お客様目線で考えると「ムードが出やすい」「メイクが落ちてもバレにくい」などがあるでしょう お店目線でも「掃除のアラがバレない」などのメリットがございます つまり照明が明るいホテルは掃除に自信があるラブホということで御座います

1 2 3