1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

統一地方選挙に異変が起きていた…区議選等に様々な人が当選して話題になっている!!

平成最後の統一地方選挙が行われました。様々な結果が出る中、マック赤坂氏のような意外な人物が当選しています。それだけでなく元アイドルの当選や、「NHKから国民を守る党」とう新興勢力が大前進して話題になっています。様々な要因が重なったのかもしれませんね。

更新日: 2019年04月23日

5 お気に入り 10499 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

平成最後の統一地方選挙が終わった

地方公共団体の議会の議員又は長の選挙は、その団体が自主的に期日を定めて執行するというのが原則ですが、特例を定める法律によって全国的に期日を統一して行うものを統一地方選挙と言います。

有権者の選挙への意識を全国的に高め、また選挙事務や費用を節減する目的で、4年ごとに行われています。

「NHKから国民を守る党」の存在を知っているだろうか。自身もNHKに在職していた立花孝志氏が党首として率いる政党で、訴えるのはNHKの受信料拒否。

NHKを公然と批判するその語り口は驚きつつも潔さも感じる。これまでも都知事選挙に出馬して政見放送で喋る姿がテレビで流れている。

そして千代田区と港区、江戸川区で落選した以外、すべて当選している。20人中17人という、驚くべき当選率だ。すでに得ていた2つの区と合わせて23区のうち19区で議席を確保したことになる。ポッと出の新党の成績としては類い稀ではないだろうか。

なんとあのマック赤坂氏が当選した!?

(メディアが言うところの)「泡沫候補」ながらも、奇抜な政策や選挙ポスター、政見放送などで人々の注目を集める「名物候補」らも気になる存在だ。

中でもスマイル党のマック赤坂氏は、東京都知事選には過去2011年、2012年、2014年に出馬、他にも数々の国政選挙や都道府県知事などに出馬していますがいずれも落選しています。

しかし毎回マック赤坂氏の政見放送は独特なことで有名で今回の都知事選でも楽しみにしている方は多いのではないでしょうか。

負ける気で出ているとしか思えませんでしたが…

21日、「第19回統一地方選挙」の投開票が行われ、港区議会議員選挙でマック赤坂氏が初当選を果たした。

2016年には、東京都知事選挙に出馬するも落選。選挙で“13連敗”を喫していたが今回、「最後の選挙戦」と位置づけた選挙で初当選を果たした。

お札の偽物があるように、偽の当選証書があるんじゃないかと透かして見たりした。(当選までは)大変なことばかりだった」と率直な思いを語る。

東大出身のアイドルも当選して話題になっている

21日投開票(一部地域は22日開票)された統一地方選後半戦で、東京・渋谷区議選に立候補したアイドルグループ「仮面女子」の元メンバー橋本ゆき氏(26=あたらしい党)が2376票で当選した。

アイドル時代は桜雪の名前で活動。昨年12月22日、自身の生誕祭で政界転身を発表。翌朝から駅頭に立ち、「勝算ゼロ」からの政治活動をスタートした。

自民党候補が2敗した衆院大阪12区、沖縄3区補欠選挙から一夜明けた22日

補欠選に負けたのは痛いですね。

安倍晋三首相は「大変残念な結果になった。夏の参院選に向けて自民党の一人一人が結果を胸に刻み、いま一度しっかり身を引き締めて必勝を期したい」と述べた。

官邸で記者団に語った。立憲民主党などの野党は、失言が相次いだ長期政権の緩みに厳しい審判が示されたとして攻勢に出る。

様々な声が

NHKから国民を守る党は当選するわ、幸福実現党は当選するわ、マック赤坂は当選するわ、隠れゴリネトウヨは当選するわで、全体的にこの国の終わりを感じずにはいられませんね。この国が滅びゆこうとしているのは、政治に対する無関心が原因だと思う。ちなみに、僕は体力を使い果たして寝込み中。

1 2