興奮の程度と、興奮の続く長さが、普通の単純酩酊よりも、ずっと強く長くなります。記憶もとぎれとぎれです。興奮して暴れ、手に負えず、ケンカによる傷害事件や、女性に抱きつくような性犯罪や性的露出、ひどい時には殺人に至ることもあります。
このような人々は、その人の中にあった性格や特徴が、酒によって激しく出たものと考えられます。
このような複雑酩酊、いわゆる「酒乱」の状態では、「大脳皮質のほとんどがマヒに陥り、道徳的な規範などが守れなくなっている状態」だといえるでしょう(『酒乱になる人、ならない人 』)。

出典草なぎ君逮捕から考えるアルコールの心理学2異常酩酊(こころの散歩道)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

AAAの浦田直也が問題飲酒行動で逮捕!病的酩酊の恐ろしさ

AAAのリーダー浦田直也さん(36歳)が2019年4月20日に飲酒酩酊状態で女性へ暴行をはたらいたとして逮捕されました。翌21日に謝罪会見を開きました。

このまとめを見る