つまり、理想は相手の口が開いている状態。
話している過程で口が開いてくれば続行!そうでなければいったん話をやめて、次のアピールに移るのが賢明です。
面接で相手の顔を見て話すべきといわれるのは、もちろん、
コミュニケーション力の有無の判断要素であることが一番の理由だと思いますが、
相手が興味あるかを判断するためにも有効なのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

就活でも!転職でも!面接で緊張しない方法3選

私も幾度となく面接をしましたが、ステージが上がるにつれて緊張してしまっていました。心理学などの力を借りてそういう方法があるのかと知ると客観視した行動がとれます!今回はたくさんではなく3つだけお伝えします!

このまとめを見る