1. まとめトップ

岡村孝子、急性白血病であることを公表

あみんの「まつわ」や「夢をあきらめないで」で知られる歌手の岡村孝子(57)が急性白血病であることを公表した。今後のスケジュールや長年のファンの反応をまとめた。

更新日: 2019年04月23日

1 お気に入り 423 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

PopCherryさん

「必ず戻ってくる」

岡村孝子が、急性白血病であることを公表した。

オフィシャルサイトでは4月22日付で「岡村孝子は先日行なった検査の際、「急性白血病」と診断され、急遽、長期の治療に入ることになりました」「岡村孝子はまた皆様の前に必ず元気な姿で戻って参りますので、どうか温かく見守っていただけますようお願い申し上げます」との声明が発表された。岡村は自身のInstagramを通じて、「また、皆さんとお会いできる日を信じて頑張ります。どうか応援していて下さい」とファンへ向けてメッセージを送っている。

休養に伴い6月から7月にかけて予定されていたコンサートツアー<T’s GARDEN>4公演は中止となるが、6年ぶりのオリジナルアルバム『fierte』は予定通り5月22日に発売されるということだ。アルバムを聴きながら、岡村の一日も早い回復を待ちたい。

ファンはショックを隠し切れず

シンガーソングライターの岡村孝子さんが4月22日、急性白血病と診断されたことが公式サイトで発表されました。予定されていた4公演の中止を伝えており、ファンからは「何かの間違いであって欲しい」「言葉が見つからないです」とショックを隠しきれない声が寄せられています。

予定していたコンサートは中止

公式サイトの発表によると、「先日行なった検査の際、『急性白血病』と診断され、急遽、長期の治療に入ることになりました」とのこと。コンサートやアルバムのリリースを楽しみにしているファンに謝罪するとともに、「また皆様の前に必ず元気な姿で戻って参りますので、どうか温かく見守っていただけますようお願い申し上げます」と伝えています。

 岡村さんと加藤晴子さんの2人で結成された「あみん」は1982年から1983年まで活動した女性歌手グループ。2007年に活動を再開しています。デビュー曲となった「待つわ」は1982年で唯一のミリオンセラーとなり、オリコン年間ヒットチャート第1位を獲得しました。

予定されていたツアーコンサートは、6月15日の千葉県「松戸森のホール21」、6月22日の広島県「東広島芸術文化ホールくらら大ホール」、6月30日の埼玉県「川口総合文化センターリリアメインホール」、7月14日の兵庫県「ポートピアホール」の4公演が中止に。チケットの払い戻しについては近日中に公式サイトや各主催者サイトなどでお知らせするとのこと。また、5月22日発売予定のニューアルバム「fierte」は予定通りリリースすることも伝えています。

ラジオ番組は岡村の復帰を待つ

シンガーソングライターの岡村孝子が22日、公式HPで急性白血病であることを公表した。これを受け岡村が出演する「岡村孝子あの頃ミュージック」では、「岡村さんからの希望」で、歌手の平松愛理がピンチヒッターを務め、岡村の復帰を待つと発表した。

同番組の公式ツイッターで「各放送局さんも岡村さんの復帰を一緒に待って頂けることになりました!よって5/6~は岡村さんからの希望で平松愛理さんがピンチヒッターを務めて頂くことになり『平松愛理あの頃ミュージック』としてお届けしますので変わらぬ応援よろしくお願いします」と報告された。

1