1. まとめトップ

ゴーン容疑者の横領額がパンパで無い、50億以上か!!わかりやすく解説

ゴーン容疑者の横領額がパンパで無い、50億以上か!!わかりやすく解説。

更新日: 2019年04月27日

1 お気に入り 2098 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mas1satoさん

・横領額は50億以上か!!

・カルロス・ゴーン前会長はなぜ、何の容疑で逮捕されたのか?

カルロス・ゴーン氏は「金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)」容疑で東京地検特捜部によって事情聴取を受け、11月19日午後に逮捕されました。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

今回ゴーン氏はおよそ50億円分を少なく見積もって申告したため、約15億円ほどの脱税(未納)をしたという疑いがあります。有価証券報告書に虚偽の記載を行ったことによる罪名が「金融商品取引法違反」となります。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

・ゴーン前会長とケリー前代表取締役が再逮捕

2018年12月10日、調査が進みカルロス・ゴーン元会長とグレッグ・ケリー前代表取締役が金融商品取引法違反の疑いで再逮捕されました。再逮捕容疑の内容は、2018年3月までの直近3年間に有価証券報告書に報酬を約40億円少なく記載した疑いとのことです。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

・ゴーン前会長が特別背任の疑いで3回目の逮捕

東京地検特捜部は21日、日産自動車の会長だったカルロス・ゴーン容疑者(64)が、私的な損失を日産に付け替えて損害を与えたなどとして、ゴーン前会長を会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕した。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

特捜部によると、ゴーン前会長は、自分の資産管理会社と銀行の間で通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引を契約していたが、多額の損失が発生。このため2008年10月、契約の権利を資産管理会社から日産に移し、約18億5千万円の評価損を負担する義務を日産に負わせた疑いがある。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

・ゴーン前会長の子供4人の大学授業料を日産が負担していたことが判明

ゴーン前会長の子供4人全員が通った米スタンフォード大学での授業料を、日産自動車が支払っていたことがわかりました。2004年から2015年まで約10年間、少なくとも60万1000ドル(約6640万円)に上るとのことです。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

・ゴーン前会長3回目と4回目の逮捕容疑

・ゴーン前会長4回目の逮捕へ

2019年4月4日午前、中東・オマーンの販売代理店側に支出された日産の資金を不正に流用した疑いがあるとして、東京地検特捜部はカルロス・ゴーン前会長を特別背任の容疑で再逮捕しました。今回で4回目の逮捕となります。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

日産の最高経営責任者の予備費から中東・オマーンの販売代理店に昨年までの7年間にわたって支払われていた約38億円の資金のうち、一部がゴーン前会長が使用していたクルーザーの購入費などの私的な用途に充てられた疑いがあるそうです。

出典https://desk-drawer.com/carlosghosn-taiho#jijitsu

・その他の疑惑!?

金融商品取引法違反容疑で逮捕された日産会長カルロス・ゴーン容疑者が、日産側が海外で購入した複数の住宅を無償で利用していたとみられることが分かった。東京地検特捜部は、こうした利益供与が実質的な報酬に当たるとみている。

出典https://www.msn.com/ja-jp/news/other/

・逮捕歴

・108日間勾留後、10億円で保釈

1 2