1. まとめトップ

萩原健一さんが揉めた人達

波乱万丈な人生でしたね。

更新日: 2019年04月24日

1 お気に入り 5317 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いずれも強者揃いです。ショーケンらしいよ

GS時代楽屋でボコボコにしたらしい。

興奮冷めやらぬ萩原健一さん肩がガクガク震えていた。

ド突き合いになる寸前で安岡力也に止められる。

これ以上やるなら俺が相手になるぞ!と言ったらしい。

81年最後のウエスタンカーニバルで包丁持って追いかけたらしい。

まあ裕也さんもケンカ早いけど抵抗されると弱いんだな、これが

”前略おふくろさま”の最終回で岩城さんがゲスト出演!現場で衝突!

岩城さんに言わせると萩原健一さんは半端な不良だと

「太陽にほえろ!」では石原裕次郎さんと共演させてもらったんだけど



一度、裕次郎さんに、「一番お金を取っているのに一番遅く来て



一番先に帰るってのはないんじゃないの」といったことがある



笑っていたね こっちも「ボス」と呼ぶところを、わざと「ブス」



っていったこともあったよ 「このヤローはいいタマなんだよ」



なんて可愛がってもらった。

裕次郎さん金持ち喧嘩せずで余裕です。

嫌いな奴はイビリまくる!

彼は揉めたのではなくイジメられた。
NHK・プレミアムドラマ『鴨川食堂』での出来事

萩原はドラマの舞台である京都の方言がなかなか覚えられずイライラ。そのイライラが共演の内田朝陽に向けられた。萩原のイジメに遭って、内田は降板させられ、「僕の役者生命はもう終わりです。もう死んでしまいたい」と親しい人に漏らすほどだったという。

ショーケンは共演者の好き嫌いが激しく、特に若手の俳優には難癖をつけるのが常です。183cmの長身でイケメンの内田に目をつけ、何かにつけて徹底的にいびった。『あいつ、なんだか独り言言ってて気持ち悪いんだよ』と、演技指導以外のことまで文句を言い始めた。プロデューサーにまで『こいつ、使えないから換えたほうがいい』と提言したのです」(芸能界関係者)

ご冥福をお祈りいたします。

1