1. まとめトップ
  2. ガールズ

ヤベー知らんわ。平成が生んだファッションワード

もうすぐ新しい元号になりますね。平成のファッションワードも懐かしい…覚えていますか?

更新日: 2019年04月24日

26 お気に入り 125130 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

新しい元号は令和、平成が生んだファッションワード覚えてる…

▼1991年(平成3年)バブル景気の頃「ボディコン」

ワンレン・ボディコンの女性が集まり「お立ち台」でジュリ扇(羽付き扇子)を振り回して踊る光景が一世を風靡した。

「ボディコン」とは身体のラインが強調されるように作られた女性向けの洋服です。

女性はワンレン、ボディコン、肩パッド。太い眉とショッキングピンクや真っ赤な口紅のメイクが当時の主流。

▼1997年(平成9年)コギャル世代が大人化「コンサバ」

1990年代のバブル期に、ニュートラファッションとも呼ばれ、女子大生向けファッション誌のJJ、CanCam、Viviなどから発信されていたお嬢様系スタイル

90年代も末になってくると「コギャル」世代の大人化が進み、ギャルの要素の入ったコンサバ系女子が街に増えた。

「コンサバ系ファッション」とは落ち着いたキレイめ系ファッションや誰からも受け入れられる様なお姉さん系ファッションだと言えます

ここ何年かスポーツっぽいファッションが流行っているからあと何年かしたらコンサバの流行が再来するんだろうか

▼2002年(平成14年)「スポーツミックス(現在はアスレジャーとも!)」

裏原系ブランドや古着、スポーツテイストなど、さまざまなジャンルをミックスしたスタイリングが流行した90年代。

スポーツミックスは、スポーティなアイテムとフォーマル寄りのアイテムを組み合わせたコーディネート。

スニーカーやジョガーパンツ、スウェットパンツをはじめ、ヨガパンツ、レギンスなどがアスレジャーを構成する有力アイテム。

@mcpt_key スポーツミックスいうてゆるふわファッションでもスニーカーとかでスポーティー取り入れてる女子もいる

▼2014年(平成26年)SNS時代「双子コーデ」

2014年9月10日、東京・原宿の竹下通りを若い2人組の女性が歩いていた。楽しげに会話する2人の恰好は瓜二つだ。

自撮りのファッションスナップをSNSで公開する若者が増えたことで、SNSに映えるようなファッションも目立つようになった

1 2