1. まとめトップ

【泣けるで激務】安倍総理や大臣らが外交と国会で板挟まってる

海外のリーダーと比べると、安倍総理の国会出席日数は圧倒的に多いそうです。一方、外国訪問については近年の政権の中では群を抜いて多いということです。相当な激務であろう総理大臣という職務。長年その任に就いている安倍総理のバイタリティには頭が下がります。

更新日: 2019年04月26日

1 お気に入り 1821 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

海外のリーダーと比べると、安倍総理の国会出席日数は圧倒的に多いそうです。一方、外国訪問については近年の政権の中では群を抜いて多いということです。相当な激務であろう総理大臣という職務。長年その任に就いている安倍総理のバイタリティには頭が下がります。

獅子の子さん

▼どゆこと?欧米ジャーナリスト「安倍総理はいつ仕事してるの?」

キャメロン首相の議会出席は約50時間
安倍総理の国会出席は約370時間
欧米ジャーナリストが驚愕するポイントは
「こんなにたくさん国会に出てるなんて…」

「全閣僚が出席する国会審議が非常に多く、首相の出席時間も非常に長い。首相はいつ仕事をするのかと思う」と述べている程

海外のジャーナリストから見ると首相の国会出席率がシンジラレナーイデスネー

▼外国人には驚愕の数字・・・安倍総理の国会出席率の高さ

ある外交小話

メルケル独首相
「昨年は国会に何十時間も出席して大変だったの」
安倍首相「私は100日ぐらい国会に出ましたよ」
メルケル氏「…」

日本の国会、国会対応の酷さは、外国人ジャーナリストには、奇異に映っている

自民党関係者の間で語られている外交小話w  
メルケル独首相
    「昨年は国会に何十時間も出席して大変だったのよ」  
安倍首相「私は100日ぐらい国会に出ましたよ」  
メルケル氏「…」

そもそも国のトップの国会出席を必須とはしていない国は多い

アメリカでは大統領に議員が直接聞けるのは、ヒアリングとか特別に設置して、ですね。

イギリスでは、個別の法案などは大臣が答弁し、首相は原則、週1回およそ30分の党首討論に出席するだけ

フランス首相の議会での発言日数
⇒12日(平成19年7月~平成20年7月)
■1週間のうち火曜・水曜の午後1時間ずつ「対政府質問」に出席

▼国会以外の業務に費やす時間を圧迫…他の閣僚も苦言を呈している

☆そもそも日本は他国と異なり首相の国会出席の負担が大きい

日本の首相は、国会に出席して、質問に答えないといけない

☆河野外相がわかりやすくボヤく「山積みの問題があるのに…」

【河野太郎】
衆議院議員
外務大臣(2017年~)
所属:自由民主党
・公式ツイッターが人気
https://twitter.com/konotarogomame

例えば、日本への訪問を検討している外国の要人が、事前に外務大臣との面会を打診しても、日本側は「調整するが国会のために会えないかもしれない。短くなるかもしれない」と答えざるを得ない場合があり、最後まで約束できない

そのために日本が訪問先に選ばれないことがあるそうです。

河野大臣から聞きましたが、国会の関係で、外国を訪問できないため、電話会談で、いろいろやりとりしないといけないケースがあるそうです。その時、先方から『電話1本で外交が、片がつくと思うなよ』と叱られたことがある、と。

☆安倍総理の女房役、菅官房長官もまた記者会見数で他国を凌駕

【菅 義偉】
衆議院議員
内閣官房長官(2012年~)
所属:自由民主党

国民への説明責任を大事にしていると受け止めたい

アメリカやイギリスなどG7各国を含む主要国で、閣僚クラスが定例の記者会見を行っている国はないという。アメリカのホワイトハウス、国務省、ニューヨークの国連本部では1日1回の定例会見があるが、いずれも報道官が対応

官房長官が毎日2回、定例の記者会見を行っていることを聞いた国連事務総長の報道官は「驚きに値する」と述べたいう

▼圧迫された日々のスケジュール、安倍総理はどう調整してるの?

⇒国会も出る!外国訪問も怠らない!⇒結果、殺人的スケジュール

安倍総理の一日は新聞各紙などで見られますが。、
まさに、「分刻みのスケジュール」です。

驚き…近年の総理大臣と比べても圧倒的に多い外国訪問回数

安倍総理大臣の外国訪問実績等(2017年時点)

1 2