1. まとめトップ

カロリーを多く含む食べ物

カロリーを多く含む食べ物。カロリーは、油脂、脂質の多い肉、乳製品、お菓子、ナッツなどに多く含まれます。一方、カロリーの少ない食べ物(飲み物)は、野菜、海草、きのこ類、お茶、コーヒーなどです。「カロリーは早見表」などで各食品のカロリーを確認するとわかりやすいです。

更新日: 2019年04月24日

4 お気に入り 3309 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lletee127さん

エネルギーとは

エネルギーは、生きて体を動かす大切な活動の源であり、キロカロリー(kcal)の単位で表されます。

このため、よく「カロリー」と呼ばれます。

成人女性の多くは1日に約2,000kcalに相当する食べ物を食べ、約2,000kcalのエネルギーを使っていると考えられます。

食べるエネルギーのお話

食べ物にはエネルギーのもととなる、たんぱく質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate)が含まれています。

これらは三大栄養素と呼ばれ、それぞれ体の中で1gあたり、たんぱく質4kcal、脂質9kcal、炭水化物4kcalのエネルギーになります(ただし、食品によって、これらの数値は若干変わります)。

食べ物のエネルギーは、主として各三大栄養素の重量(g)に1gあたりのエネルギーを掛けて合計したものです。

<例>
たんぱく質(肉・魚・卵・大豆製品などに含まれる)75g×4=300kcal

脂質(植物油、バターなどに含まれる)55g×9=495kcal

炭水化物(ごはん、パン、めんなどに含まれる)300g×4=1,200kcal

合計(総エネルギー)1,995kcal

“食べるエネルギー”は量だけでなく、質からみることも大切です。

一般に理想的なエネルギー産生栄養素バランスの代表値はたんぱく質:15%、脂質:25%、炭水化物:60%ほどとされてきましたが、このほど「日本人の食事摂取基準」を参考にして範囲を見直し、たんぱく質:13~20%、脂質:20~30%、炭水化物:50~65%を大まかな目安として示しました。

健康的な食事になっているか、1日の食事チェックにお役立てください。

カロリーは、油脂、脂質の多い肉、乳製品、お菓子、ナッツ等に多く含まれます。

カロリーの多い食品ベスト8(水分が40%以上の食品)

牛ばら肉
フォアグラ
牛肉(サーロイン)
牛肉(テール)
牛肉(リブロース)
あんこうのきも
生クリーム/乳
ホイップクリーム/乳

カロリーの多い食品ベスト8(水分が40%未満の食品)

ラード(=豚脂)
牛脂
ショートニング
サラダ油
ごま油
オリーブ油
ラー油
バター(無塩)

カロリーが多く含まれる食べ物・食品ランキング(食材100グラムあたり)

第1位:ラード             カロリー 941kcal
第2位:牛脂              カロリー 940kcal
第3位:オリーブ油           カロリー 921kcal
第4位:えごま油            カロリー 921kcal
第5位:米ぬか油            カロリー 921kcal
第6位:綿実油             カロリー 921kcal
第7位:ひまわり油 ハイリノール    カロリー 921kcal
第8位:ひまわり油 ミッドオレイック  カロリー 921kcal
第9位:ひまわり油 ハイオレイック   カロリー 921kcal
第10位:サフラワー油 ハイオレイック  カロリー 921kcal

カロリーが少ない食べ物・食品ランキング(食材100グラムあたり)

第1位:食塩                カロリー 0kcal
第2位:玄米茶               カロリー 0kcal
第3位:精製塩 家庭用           カロリー 0kcal
第4位:精製塩 業務用           カロリー 0kcal
第5位:並塩                カロリー 0kcal
第6位:ウーロン茶             カロリー 0kcal
第7位:ほうじ茶              カロリー 0kcal
第8位:番茶                カロリー 0kcal
第9位:かまいり茶             カロリー 0kcal
第10位:紅茶                カロリー 1kcal

↓ その他参考になりそうなサイト

1 2