これヤバイやつ…ネットで見られる「過激ドキュメンタリー」

GW(ゴールデンウィーク)に一気見したい、刺激的な「ドキュメンタリー」をまとめました。人類の悲劇があった地を巡る『世界の"現実"旅行』、カルト団体の栄枯盛衰を描き出す『ワイルド・ワイルド・カントリー』、大麻がもつ過去を見つめる『グラス・イズ・グリーナー: 大麻が見たアメリカ』をご紹介。

更新日: 2019年04月27日

176 お気に入り 111680 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

そんなヤバイ所、行っていいの…?

ジャーナリストのデヴィッド・ファリアーが世界各地の一風変わった"不気味な"観光地をめぐる

人類の悲劇を生んだ土地に足を運んで観光する「ダークツーリズム」を行うのがこの番組。

核爆弾の実験によりできあがった湖があり、デヴィッドたちは、その湖で釣った魚を食べるばかりか、湖で泳いでしまう

連続殺人鬼にハマっている女性と会い、ダラスでケネディ暗殺現場を巡る二大ツアーに参加

第2話では日本にも訪れており、震災後の福島県や、富士の樹海、長崎県の軍艦島などが紹介

Japan's Fukushima Considering Action Over Netflix's 'Dark Tourist' Nuclear Episode thr.cm/9SEEjm pic.twitter.com/ID4qQMFEQU

左にいるのがジャーナリストのデヴィッド。
もちろん冷やかし半分で取材をしているわけではない。

わたしたちが向き合わねばならない“現実”であり、この映像作品は人類の負の歴史を学ぶ教科書にもなる

Netflixの「世界の現実旅行」にどっぷりハマってしまった シリアルキラー、カルト教団、秘密の軍事施設、核、死体崇拝、etc ダークなタブーがこれでもかってぐらい詰まってる ちなみに福島の帰宅困難区域ツアー編は激ヤバでした(語彙力)

「カルト団体」を生々しく映し出す

Netflix's 'Wild Wild Country' is the next must-see documentary series, @sophieGG writes theatln.tc/2FNpwlP pic.twitter.com/fO7JMXW0Dh

『ワイルド・ワイルド・カントリー』

地元住民との摩擦から衝撃のスキャンダルまで、堕ちた宗教家の足跡をたどるドキュメンタリー

オレゴン州ワスコ郡の荒野”ワイルド・ワイルド・カントリー”に巨大な理想郷を建設。それにより地元住民との摩擦が発生し、政府からも圧力をかけられた

住人へのバイオテロ行為もあったとか。

「なぜカルト団体は凶暴化したのか」を冷静に分析し、暴きだすところに面白さが。

Netflix『ワイルド・ワイルド・カントリー』おもしろかった。オウムにも似た新興宗教のヤバさを伝える内容かと思ったら全然違って驚き(ヤバいことはやばいのだけど)。基本的に推測じゃなくて一次証言と資料映像による構成なんで事実の強さが際立つ。プリヤンカー・チョープラー主演で映画化予定とな pic.twitter.com/DPxzhLeege

猟奇的事件の「真相」に驚き…

1993年に米国で起きた事件に迫る作品。その事件というのが…

妻ロレーナ・ボビットが夫ジョン・ウェイン・ボビットの性器を切断するという衝撃的な事件の裏側に迫ったドキュメンタリー

現在のロレーナとジョンのインタビューで構成されている。

当時「なぜ事件を起こしたのか」について、ロレーナは言及を避けていた。

1 2