1. まとめトップ
0 お気に入り 66 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・涙にはストレス発散効果も

感情によって涙が流れると、脳から分泌されるホルモンの「プロラクチン」や、副腎皮質刺激ホルモンの「ACTH」、副腎皮質ホルモンの「コルチゾール」といったストレス物質も涙と一緒に体外に流れ出ます。つまり、感情がたかぶって流れる涙には、ストレスの原因になる物質を排出する重要な役割があるのです。
また、涙にはストレスによって生じる苦痛をやわらげる脳内モルヒネ「エンドルフィン」に似た物質も含まれているといわれています。目にゴミが入ったりして涙が出てもストレス物質は流れませんが、悲しいときや悔しいときに思いっきり泣くと、ストレス物質を排出し、苦痛を緩和することができるのです。

・泣ける動画をご紹介

みなさんティッシュの準備はできてますか?
では厳選した感動の動画をご紹介いたします!!

お母さんの病気で引っ越す前日に1人だけの卒園式。「できる!できる!できる!」人の持つ力ってすごい。 #泣ける pic.twitter.com/zqlcV0kSEj

ドラえもん おばあちゃんの話 ただひたすら泣ける めっちゃいい話 おばあちゃんに感謝 pic.twitter.com/zT5ZelJSc4

1