1. まとめトップ

韓国で最も有名な料理って知っている?韓国料理の定番料理レシピおすすめ

韓国に旅行にいく場合、何か食べますか?韓国で最も有名な料理って知っていますか?本文は、韓国料理の定番料理レシピを五つで紹介していきます。よろしくお願いいたします。

更新日: 2019年05月24日

5 お気に入り 2026 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

韓国に旅行にいく場合、何か食べますか?韓国で最も有名な料理って知っていますか?本文は、韓国料理の定番料理レシピを五つで紹介していきます。よろしくお願いいたします。

idoido2000さん

● 冷麺(냉면 / 랭면)

朝鮮半島由来の冷製麺料理。朝鮮語では냉면(ネンミョン、韓国標準語)または랭면(レンミョン、北朝鮮標準語)と言われます。

中国語で「冷面(冷麵)」は冷やし麺全般を意味し、「凉面(涼麵)」と同義語です。一般的に、腰のない茹でた乾麺にピーナッツソースと黒酢を混ぜたタレをかけ、好みの冷たい具を和えて出される麺料理を指すことが多いが、地域によっては日本の冷やし中華に近いものも存在します。

● お家でも食べたい☆素麺で韓国風冷麺の作り方:

【材料】
■ [スープ]
鶏がらスープの素大さじ1
塩小さじ1
ニンニクチューブ 2cm
酢大さじ1
水500cc
■ [トッピング]
■ 茹で豚
■ 温玉や茹で卵
■ トマト
■ きゅうり
■ キムチ
■ ラー油

1、スープの材料を混ぜておく。少しの水をお湯に替えて溶かしてから水をいれると
2、茹でた素麺を器に入れ、スープを注ぎトッピングをして完成。

● チャジャンミョン(짜장면)

짜장면、자장면は中国や日本のジャージャー麺(炸醤麺)と味も見た目もかなり異なります。

韓国では国民食と呼ばれるぐらいに人気の食べ物で、仁川にはチャジャンミョン(자짱면)博物館もあるほどです。普段はもちろん、引っ越しの日や雨の日などにもよく食べる料理。

ハングル: 자장면 / 짜장면
漢字: 炸醬麵
2000年式: MR式: jajangmyeon / jjajangmyeon; chachangmyŏn / tchachangmyŏn
原産: 中華人民共和国、 朝鮮

● チャジャンミョン(韓国風ジャージャー麺)

作り方:
1、大根、じゃが芋、玉ねぎ豚肉をさいの目切りにする
2、サラダ油をひいたフライパンに、豚肉、大根、じゃが芋を順に加えて炒め、にんにく&生姜のすりおろしと塩コショウで味付3、2にの真ん中をスペースを作り、サラダ油大1を加えたら、チャジャン(味噌)を加え少し炒める。(香ばしさが出る)
4、3に、水〜ダシダ〜砂糖を加えたら、ひと煮立ちさせ玉ねぎを入れてひと混ぜ、蓋をして弱火で10分おく
5、具が煮えた所に、水溶き片栗粉を入れてトロミをつける。硬めのトロミが好ましいので、片栗が足りない様なら、追加で加えて下さい
6、最後に、市販の生麺(中華麺)を茹でて、上にチャジャンソースを盛る。

● ビビンバ(비빔밥)

原産: 朝鮮
日本語読み: びびんば
発音: ピビムッパッ(ピビムパプ)
ハングル: 비빔밥
2000年式: MR式: bibimbap; pibimpap

丼や専用容器にご飯とナムルや肉、卵等の具を入れ良くかき混ぜて食べる料理です。

コチュジャンやごま油等の調味料をかけ、匙(スッカラク)でよく混ぜてから食べます。少量のスープを振りかけると混ぜやすい。

ご飯の上に盛られている具は本来五種類とされ、手前・奥・右・左・中央に分けて盛られています。

「ピビン」(비빔)が「混ぜ」(「비비다」(混ぜる)の名詞形)、「パプ」(밥)が「飯」の意味です。

●簡単ビビンバのレシピ:

【材料 (2〜3人分)】
3色野菜のナムル:好みの量
白菜キムチ:適量
温泉卵 :人数分
温かいご飯:適量
■ 韓国風肉そぼろ
合挽き肉:200g
●砂糖:大さじ1
●酒:大さじ1
●コチュジャン: 大さじ1/2
●みりん: 大さじ1/2
●しょうゆ:大さじ1/2
●にんにく(すりおろし): 少々
●しょうが(すりおろし) :少々
サラダ油(炒め用):小さじ2
コチュジャン(トッピング用): 適量

【作り方】:
1、3色野菜のナムルを作る♪
2、調味料を合わせておく♪
3、フライパンにサラダ油をひき(テフロン加工なら引かなくてもよい)ひき肉を入れ色が変わるまで炒める♪
4、調味料を加え全体に馴染むまで1〜2分炒める♪
5、丼にご飯を盛り三色野菜のナムル、キムチ、韓国風肉そぼろをのせ温泉卵をのせて出来上がり*お好みでコチュジャンを添えて♪

● キムチ(김치)

白菜などの野菜と、塩・唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなどを主に使用した漬物です。かつては朝鮮漬けとも呼ばれます。

単独で、あるいはつけ合せ(特に焼肉店)として食べられるほか、豚肉と一緒に炒めた「豚キムチ」などの材料や、チゲの具(キムチチゲ)としても用いられます。

キムチは、もともとは朝鮮半島の厳寒期に備えた保存食で、野菜を塩漬けしたものからはじまりました。これに香辛料としてのニンニクやサンショウなどを加えるようになったのが、キムチの原型です。

16世紀に日本から朝鮮半島に唐辛子が伝えられると、栽培や加工が容易な唐辛子がサンショウに代わって用いられるようになりました。

1 2