1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

何もしないのに価値がある!『レンタルなんもしない人』サービスに驚き

『レンタルなんもしない人』というサービスが話題になっている。最近は『リア充代行サービス』や『おっさんレンタル』というサービスもある。

更新日: 2019年04月26日

19 お気に入り 53481 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

『レンタルなんもしない人』が話題になっている

『レンタルなんもしない人』というサービスを始めます。1人で入りにくい店、ゲームの人数あわせ、花見の場所とりなど、ただ1人分の人間の存在だけが必要なシーンでご利用ください。 国分寺駅からの交通費と飲食代だけ(かかれば)もらいます。ごく簡単なうけこたえ以外なんもできかねます。

呼べば来てくれるものの、とくに何をしてくれるわけでもないのがレンタルなんもしない人。しかし依頼は殺到し、今では毎日のように2~4件の依頼をこなしています。

『なにもしない人』は具体的に何をしているのか?

レンタル料金は無料。経費などは依頼者負担ですが、基本的に収入はゼロ。

内容は「引っ越しの見送りをしてほしい」「推しのDVDを見てほしい」など様々。

他にもこんな依頼がある。
・離婚届の提出に付き添ってほしい
・自分の民事裁判を傍聴してほしい
・結婚式を眺めに来てほしい

「食べている姿をじっと眺め、写真を撮らせてほしい」という依頼。人が飲食してる姿が好きだが、じっと見てると嫌がられるとのこと。喫茶店での飲食のあとセブンイレブンのメロンパンを食べさせられた(「丸いものにかぶりついてる人はかわいい」らしい)。「友達はこんなに食べてくれない」と喜んでた pic.twitter.com/5XQQNezcXg

「主人の職場に息子のお披露目に行くが、子連れでの電車移動にまだ不安があるので同行してほしい」という依頼。無事職場にたどりつくのを見届けた(なぜか僕も入れてもらえた)。僕はエレベーターのボタンを押すくらいしかしなかったが「確実に敵ではない人がひとりいる」という心強さがあったそうです pic.twitter.com/DBbSUbtjot

「寂しさを埋めるために遊んできた男性たちのLINEを消すところを見ていてほしい」という依頼。最近好きな人ができ、この生活に終止符を打ちたいが、1人では踏み切れないとのこと。「LINEからすごい数の人が減りました、20人くらい」「綺麗な関係の友達しか今LINEにいないです」と晴れやかな表情してた pic.twitter.com/l2bgJHluGU

映画刀剣乱舞への同行依頼、「友人と話すと解釈違いになりそう」「ネタバレだからSNSでは言えない」という切実な動機によるものでした。大量の関連書籍、大量の付箋、「話すと話しすぎるんで」と2時間に設定されたアラーム、随所に凄い熱量が感じられた。本人も話しながら「付箋多いな...」と呟いてた pic.twitter.com/imtMnG19Sq

このサービスをやっている森本祥司さんとは?

サービスの提供による対価は基本的には発生しないので、収入はほぼゼロ。貯蓄を崩しながらこのサービスを続けているという。

森本さんは、大学院で物理学を専攻し、卒業後は教材系の出版社に就職した。

出版社では「編集者として通信教育用の理系向け教材を作っていました」

結局3年で退職しました。以降はコピーライターを目指すものの、今度は広告業界に馴染めず挫折し、淡々と一人で仕事ができそうだと思って編集プロダクションでも働きましたが、ここもやっぱり合わず、続きませんでした。

しかし、組織になじめず仕事を転々とするなかで「なんもしたくない」自分に気がついたという。

「何も考えていません。プロ奢ラレヤーさんをマネしまくっています」

プロ奢さんとは人間性が違うので丸パクリするとストレスが生じてしまう。自分なりにするならどうするかなと思ったら、つねづね「なんもしたくないな」と思っていたので「なんもしない人」かなと。

4月26日にNHKで密着ドキュメントを放送する

200RT 「NHK総合ドキュメント72時間」で「レンタルなんもしない人」に密着 4月26日放送 nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/19… pic.twitter.com/pTtD0IVQDn

最近は『リア充代行サービス』というものもある

最近は家事代行や、電話代行など、様々な代行サービスがあるが、ついに「リア充アピール代行」が登場した。

派遣されたスタッフに一緒に遊んでもらい、そこで撮れた「リア充」っぽい写真をSNSに投稿することができるというサービスだ。

「リア充アピール代行」は、「レンタル彼氏・彼女」などの各種代行サービスを提供するファミリーロマンスが2016年開始したサービスだ。

2016年春ごろから『SNSにリア充感のある写真をアップしたいので、人を派遣してほしい』との依頼が増えたので専用のサービスを始めました。

「ファミリーロマンス」の石井裕一社長が明かした。

1 2