1. まとめトップ

ガストの1000万円山分け企画が中止へ…「炎上狙いでは?」という批判が巻き起こっている!!

ガストの1000万円山分け企画が話題になっていましたが、中止になってしまいました。理由としては、実現不可能な内容である点と、わざと炎上させたのではという意見が多数出ています。しかしどうせならば令和中や、1年間でやるなら面白そうではありますよね。

更新日: 2019年04月25日

1 お気に入り 5024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ガストの企画が中止に…

すかいらーくレストランツは4月22日~5月16日、ファミリーレストラン「ガスト」で「御朱飲食帳キャンペーン」を実施する。

全国1361店の全店で1000円以上の飲食をした先着50人に、最大で1人20万円の食事券を進呈する。ガストでの1000万円分の食事券を山分けするもの。

専用サイトから、各都道府県別の御朱飲食帳をダウンロードし、出力したら自分で製本する。全国1361店を回り、各店舗のレシート(税込1000以上)を御朱飲食帳に張り付ける。

全店舗のレシートを貼り終えたら、東京都武蔵野市にある、すかいらーくホールディングス本社へ持参すると、先着に50人に1人最大で20万円の商品券を進呈する。

47都道府県をすべて製本すると、暑さ15.5cm、重さ3131gとなる。1日単純計算で、57店回れば実現可能な企画となっている。

どう考えても不可能だという意見が起きていた

すかいらーくレストランツは4月24日、ファミリーレストラン「ガスト」が始めたキャンペーンを中止したと発表しました。

「24日間で全国のガスト1361店舗で飲食すれば食事券1000万円を山分けプレゼントする」という内容でしたが、単純計算でも1日当たり57店舗を訪問し続ける必要があり、事実上達成不可能な条件になっているという声が相次いでいました。

同社は「お客様からキャンペーン条件についてご意見をいただき、弊社で再考した結果、企画を中止することといたしました」と謝罪しています。

すべて集まったら、ガストを運営するすかいらーくホールディングスの総本山(本社、東京都武蔵野市)まで足を運び、マーケティング本部の担当者を呼び出す。

ただ、「ちなみに連日会議が立て込んでおり、なかなか捕まらない場合がございます。また、外出や出張の場合は後日改めてお越し願う場合がございます。その点何卒ご容赦ください!」と担当者のコメントが書かれていた。

なめているとしか…

1日平均で57店を1か月弱で回らなければならないうえ、飲食代だけで最低136万円もかかる。

実は炎上狙いだという意見も出てる

それだけに、「えぇ...完全赤字やろこんなん」「これ無理じゃね?」「普通の人はやらんわ」といった疑問や批判が相次ぎ、「こんなんYouTuber用企画やんけ」とあきれる声も出た。

しかし今回の炎上で、よきもわるきもガストに再び注目が集まった事も事実ですよね。

簡単に言うと、ネットでの炎上を利用し、多くの人にその存在や商品を知ってもらい、興味をもってもらうみたいな感じです。

まさに今回の「ガストいきなりの企画中止」にあてはまる気がしませんか?w
しかも時代が時代ですから、炎上商法って一気に知名度をあげるための、ある種マーケティングとも言えますよね?

様々な声が

話題になってるガストの1000万(20万)山分け企画 23日で全国の1361店舗全て回るの不可能とか報酬達成に最低130万掛かるとかそもそも電車賃だけでも報酬金額余裕で越えるとか突っ込みどころ満載なんだけど、仮にクリアしても最後の報酬受け取り方法の部分が一番酷いと思ったわ これ絶対受け取らないだろ pic.twitter.com/r21GYX1w9O

ガストの1000万キャンペーン酷いね。センスのない奴がバズらせようとするとこうなっちゃうんだよな。悪い見本だわ。

無理ゲーを強気で提示してくる企業に対し、皆で協力してホントに達成してガストから1000万支払わせるくらい…某巨大掲示板の人々ならやりかねないと思ったけど(笑) twitter.com/news_line_me/s…

1 2