1. まとめトップ

AGA治療ってCMでよく目にするけど、実際はどんな治療をするの?

薄毛に悩んでいて、AGA治療を検討しているという人も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな方々にとって参考になるまとめを作成しました。AGA治療がどういった治療なのかをご紹介します。

更新日: 2019年04月25日

6 お気に入り 1958 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ykqhffplさん

AGA治療ってどんなことをするの?

一般的なのが内服薬による治療です。抜け毛を予防するフィナステリド系の薬や育毛効果のあるミノキシジル系の薬で、改善を目指します。

主成分である「フィナステリド」が男性ホルモンの働きを抑制し、抜け毛を予防

頭皮の血行促進・育毛治療で広く使用されている「ミノキシジル」を主成分としたタブレットです。毛細血管から毛髪に十分な栄養素が運ばれるようになります。

ミノキシジルタブレット(育毛治療)

内服薬以外にもメソセラピーやHARG療法という治療もあります。
発毛に効果のある成分を直接頭皮に注射するので、効果が期待できると言われています。

毛根に育毛・発毛成分を入れるため、真皮までしっかり成分が届くのがメリット。ただし、注入法によっては痛みを伴うのが難点です。

月に1回の施術相場は2~5万ほど。進行度や希望によって3~12回のコースが設けられています。

AGA治療を始めるのはいつがいい?

最もベストなのは、薄毛が気になり始めたときです。
「抜け毛が気になる」「髪のボリュームが少ないように感じる」などの些細なことでもいいので、気になったらカウンセリングを受けることです。

AGA治療を始めるタイミングはできるだけ早く、言うなれば「薄毛が気になり始めたその瞬間」であると言えます。

死んだ毛根を再び蘇らせることは容易ではありません。仮にまだ死んでいないとしても、寿命を終えそうな毛根を活性化させるのには、時間がかかります。
AGA治療は保険適用外の治療になりますので、期間が長くなればなるほど治療費もかさんでしまいます。

効果が出るまで、どのくらいかかる?

効果については人によって差がありますが、半年から1年が目安と言われています。
治療をするのであれば、そのくらいを目安とするといいでしょう。

発毛のスピードにはもちろん個人差がありますし、そもそも治療を終えて良いタイミングというのは、それぞれの満足度にもよるため、明確な基準というものはありません。

ただし、AGAの専門クリニックで治療をする場合には、目安として、半年から1年くらいが必要とされています。

毛包再生治療も始まる!?

理化学研究所と医療ベンチャー企業が着手した髪の再生医療は、上手くいけば薄毛が治るとまで言われています。

株式会社オーガンテクノロジーズと理研は、再生医療分野である「毛包器官再生による脱毛症の治療」に向けた臨床研究の前段階である非臨床試験を開始しました。

1