1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

GWは逆走や煽り運転にも注意!事前に知っておきたい「交通マナー」

車の運転には注意して楽しいGWにしましょう!

更新日: 2019年04月27日

6 お気に入り 21590 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼2019年のGWは史上初の10連休!

▼車の運転、マナーには注意を!まずは「煽り運転」

GWは、煽り運転の報告が多く出るかとも思いますが、私からアドバイスするとしたら 煽られた、煽られると思ったら速やかに道を譲ってあげましょう。 無駄なトラブルを回避する一番の策です。

東名川崎東京方面?かな鬼渋滞してる。 パトカー何台かいるしただの事故じゃないのかな…GW前で車の台数も増えてきているのでオレもだけど普段より気をつけて運転心掛けようぜ!1人1人気をつければ事故減るよね。煽り運転とかも危ないんでやめてくれ、突っ込んで痛い目みんの自分なんだからさ

頭に血がのぼり、まともな判断ができなくなる。「やられたんだから、やり返せ」と思ってしまう。気がつくと、取り返しのつかない事態になっている…こうしたコントロール困難な「怒り」こそが、相次ぐ危険運転やあおり運転の直接的な原因なのである。

▼そして「逆走」

多くはドライバーの不注意や確認不足によるものが多い

高速道路における逆走は、ひとたび事故が発生すると重大事故となります。何の落ち度もなく運転されているドライバーにも、甚大な被害をもたらす可能性がある非常に危険な行為です。

▼逆走が発生しやすい場所を知っておきましょう!

□インターチェンジ
□ジャンクション
□料金所付近
□SA、PA
□標識の見逃し

同乗者との話に夢中になっていたり、うっかりして標識を見逃してしまい、出口部分(オフランプ)から侵入して逆走してしまう

▼逆走車を見た!遭遇した!そんな時は?

逆走車を見かけたら110番、休憩施設や料金所の係員、
休憩施設にある非常電話のいずれかで通報

逆走情報を見聞きしたら速度を落とし、十分な車間距離をとって、前方車両の動向を注視しましょう。逆走車を前方に発見した時は、
路肩等の安全な場所に停車し、衝突を避けてください。

防衛運転を心掛けるとともに、緊急時に最善の操作を行うことが出来るよう日ごろから正しい乗車姿勢を身につけておくことも重要です

▼渋滞が発生しやすい「サグ部」にも注意

高速道路では、交通の集中により、合流部・追越車線・サグ部といったところが、渋滞の起こりやすい箇所であることが分かっています

1 2