1. まとめトップ

【FF15完結】ヴェルサスとは何だったのか考察【FF13から幻のシナリオ】

FF15の前身「FINAL FANTASY Versus XIII 」まとめ

更新日: 2019年11月11日

2 お気に入り 103451 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

FINAL FANTASY Versus XIII

FF15ユーザーにはお馴染みだと思うが、元々FF15はヴェルサスというタイトルから名称変更した

2013年にFF15と名前を変えることを発表しプラットフォームも次世代機へ変更しました。
ヴェルサス開発からFF15発売まで約10年の歳月を費やしました

トレーラーは2009年発売FINAL FANTASY13の特典映像として解禁された

2006年開発開始

オマケ
FF13主人公ライト二ング

13シリーズはファブラノヴァ神話を共有している世界設定

ファイナルファンタジー13(FF13)
ファイナルファンタジー13-2(FF13-2)
ファイナルファンタジー13 ライトニングリターンズ(FF13-3)
ファイナルファンタジー零式(FF零式)
ファイナルファンタジー15(FF15) ※旧称:FF13ヴェルサス

ちなみに零式も15も田端D

もともとFF13はファブラ・ノヴァ・クリスタリスというプロジェクトをもとに作られました。

簡単にいいますと、これはひとつの神話をベースにさまざまな世界観の作品を作るというものでした。

そしてFF13は全部で3つの作品が作られる予定でした。

ひとつめがライトニングが主人公のFF13。
ふたつめがFFアギト13からFF零式というタイトルに変わり発売されています。
みっつめがFFヴェルサス13からFF15となり発売されました。

ヴェルサス13だった頃の映像では女神エトロの名前が出てくるなどFF13と共通しているところがありましたが、FF15と名を変えたいまはシガイという敵などの一部に名残が見えるぐらいですね。

なお、ファブラ・ノヴァ・クリスタリスという神話を詳しく説明するとかなり難しく、僕自身よくわかっていないので説明はできません。

ただ、そういう神話のもとにある一定の共通事項をもった異なる世界観のFF13を3つ作る予定だったということです。
そのうちのひとつがFFヴェルサス13でありFF15だったということです。

13ヴェルサス→15へ主人公のビジュアルや王子設定はほぼ引き継ぎ

プロンプト達は若干の変更がみられる

レギスは印象が大きく違う、ヴェルサス時代はノクティスにとって決して好意的な父ではなかったそう

ヴェルサス時代のプロンプト

ヒロインはステラ

FF13の購入特典で音声なしのムービーが公開された。当時からsomnusがテーマソングとして流れた。(歌詞つき)

左が初期ヒロインステラ・右が現ヒロインルーナ

ヒロインステラの存在

ヴェルサス13のヒロインステラはノクトの対(つい)として存在するという重要な立ち位置にいました。

ノクトとステラは戦う運命にあったようです。

子供のころに二人は死にかけておりそれがきっかけで空に光が見えるようになります。

死にかけたことによって女神エトロが死者への扉へと導き扉が開かれます。
この扉が開かれたことによってここから死者の光が漏れ出しそれが見えるようになってしまう人間がいるようです。
そして、見えた人間には死者の国から力を授かるようです。

この授かった力がなんなのかはわかりませんが、この力のせいで二人は敵対関係となってしまったんでしょうね。

授かった力かどうかはわかりませんが、ノクトとステラは空間からファントムソードを取り出して使うことができます。
ノクトは青のファントムソード、ステラは赤のファントムソードを使っているように見えます。

トレーラー映像だけでも二人はかなり密接な関係にあって、すべてにおいて対となる存在だったようですね。

FF15のルーナと違って積極的に関わってくるようでしたが、シナリオ変更に伴いステラの設定を使うことができないと判断されFF15ではリストラされてしまいましたが・・・。

初期に公開されたPVではノクティスとステラの戦うシーンが収録されていた

トレーラーを見ると引き継がれている部分、使用されていないステージがわかる

フードを被っているのはFF15で言うルナフレーラの兄レイヴス、ヴェルサスではステラの兄

個人的にはステラがヒロインでいてほしかった・・・

1 2 3