1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

振り返るとすごかった!『オオカミ少女と黒王子』俳優がブレイクだらけ

山﨑賢人&二階堂ふみがW主演し2016年に公開された『オオカミ少女と黒王子』。その後、山崎がイケメン俳優から演技派に脱皮し大きく飛躍したのをはじめ、吉沢亮・横浜流星・池田エライザなど次々にブレイク。

更新日: 2019年10月01日

7 お気に入り 63659 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆山﨑賢人&二階堂ふみW主演の『オオカミ少女と黒王子』

『オオカミ少女と黒王子』(2016)

監督:廣木隆一
脚本:まなべゆきこ
原作:八田鮎子
出演:二階堂ふみ、山﨑賢人、鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒

テレビアニメにもなった八田鮎子の人気コミックを、二階堂ふみ&山崎賢人主演で映画化したラブストーリー。

恋愛経験もないのに恋人がいると周囲にうそをついた女子高生が、学園一のイケメン同級生に恋人のフリをしてもらう代わりに、彼の下僕になることを命じられたことから始まる関係を描く。

監督は「ストロボ・エッジ」「娚の一生」など少女コミックの映画化を数多く手がけている廣木隆一。

◆山﨑がドS王子キャラを快演してスマッシュヒット

山﨑賢人と二階堂ふみ

若手女優の中でも人気の二階堂が、地味で奥手な女子高生を巧みに演じる一方、昨今の漫画実写化映画に欠かせない山崎がドSな“黒王子”を快演し、女性たちのハートをわしづかみに。

二階堂を囲む友人・クラスメート役に今をときめく美少女たちが扮し、山崎の周りにもイケメンたちが出演し、見た目にも楽しませる。

山崎の主演映画では2016年公開の「オオカミ少女と黒王子」が12億円、同じく「四月は君の嘘」は14億円のヒットとなっている。

◆そんな映画の出演者たちは次々にブレイク&飛躍

▼山﨑賢人(佐田恭也 役)

学校で“王子”と騒がれる程のイケメン。運動万能で頭も良く、女子から絶大な人気がある。人当たりの良い笑顔でやり過ごしているが、本当の性格は腹黒くドS。

・王子様キャラから演技派に見事に脱皮

出典thetv.jp

『グッド・ドクター』(2018)

自閉症スペクトラム障がいを持つ小児科医レジデントという難役に挑んだ山崎。放送前の懸念の声は絶賛に変わった。

山崎にはこれまで、どうしても“王子様”イメージがつきまとっていた。しかし、そのイメージを脱却する方へと舵を切って、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』『斉木楠雄のΨ難』と、同じ漫画原作と言っても別ベクトルのキャラクターが続いた。

『陸王』では主人公の息子として思い悩む“今ドキのリアルな若者”を好演。初単独主演ドラマ『トドメの接吻』では、欲望に忠実に動いていくクズ男のホスト役、と続いた。そういった“振れ幅”を広く見せてきた。

ピアノの調律師を志す青年を演じた映画『羊と鋼の森』や、大ヒットした主演ドラマ「グッド・ドクター」で見せた繊細な演技が高く評価され、若き実力派とみなされている。そんな山崎が『キングダム』で、さらに一つ突き抜けたかのような好演を見せつける。

▼吉沢亮(日下部憂 役)

ネガティブで控えめな性格だが、エリカとの出会いで変わっていく。エリカと一緒に。研修旅行委員をつとめるが……。

・2番手イメージから脱皮 朝ドラ出演で本格ブレイク

『なつぞら』(2019)

わずか3秒だった初登場シーンは、役名の“天陽くん”がTwitterでトレンド入りするほどの注目度

吉沢にはどこか2番手のイメージがあり、今ひとつ突き抜けなかったのだが、2017年に映画『銀魂』の沖田総悟役に抜擢されると、原作を忠実に再現したビジュアルが原作ファンからも絶賛。

2018年には映画『リバーズ・エッジ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も映画『ママレード・ボーイ』『あのコの、トリコ。』にも主演し、昨年11月には女性ファッション誌『ViVi』が選んだ2018年下半期の国宝級イケメンランキングで見事1位を獲得。

最も注目を集めているのが、今回2500名の中からオーディションを経てヒロインの相手役・山田天陽に選ばれたイケメン俳優・吉沢亮だ。記念すべき朝ドラのヒロインの相手役を射止めた国宝級イケメン。今年、吉沢のブレイクは必至のようだ。

『なつぞら』(2019)

1 2