1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

レディー・ガガ主演の作品も!今月発売の洋画DVDまとめ【2019年5月】

2019年5月に発売となる映画DVDの中で、オススメの洋画をまとめました。(アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング、バグダッド・スキャンダル、セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!、おとなの恋はまわり道、ザ・カニバル・クラブ、アリー/スター誕生、トゥ・ヘル)

更新日: 2019年05月18日

4 お気に入り 2341 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

●バグダッド・スキャンダル

監督 ペール・フライ

キャスト
マイケル・サリヴァン:テオ・ジェームズ
コスタ・パサリス:ベン・キングズレー
クリスティーナ・デュプレ:ジャクリーン・ビセット

200億ドル(約2兆2000億円)とも言われる未曽有の金額が流出した実際の汚職事件の謎を解き明かす重厚な社会派サスペンス。

『バグダッド・スキャンダル』 実話を基にしてるって事に衝撃を受けた。組織が大きくなると利権に群がる輩が現れ不正が蔓延るのは国連も同じか。大義の為の必要悪のはずがいつしか自己保身と欲に溺れて大義を見失う。命懸けの告発も巨大な権力に阻まれ本当の真実は闇の中。見応え十分な社会派ドラマ。 pic.twitter.com/e4Qp1h1azH

横シネで『バグダッド・スキャンダル』実話に基づく小説の映画化。事が大きすぎてのみ込めない。恐ろし過ぎて受けとめられない。正義があるから悪があるのかな。闇を暴く人に、文化に、敬服。

#新文芸坐 『バグダッド・スキャンダル』はベン・キングズレーが、もう全部かっさらっていく圧巻の演技。善悪で割り切れない人物を、観客に割り切ってスッキリさせたりしないまま付き合わせる力量にひれ伏す。あとロシフ・サザーランドが主人公の義兄役で出演とエンドロールで気付く。化けてましたね。 pic.twitter.com/1aXTbyajBH

●アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング

監督 アビー・コーン

キャスト
レネー・バレット:エイミー・シューマー
エイヴリー・ルクレア:ミシェル・ウィリアムズ
グラント・ルクレア:トム・ホッパー

自分の容姿にコンプレックスがあり、仕事も恋も積極的になれないレネー。ある日、ジムでハプニングに見舞われ、頭を打って気を失ってしまう。

『アイ・フィール・プリティ』 「人から見て自分は容姿が良くない」 「人から見て自分はこの場所に ふさわしくない」と思ってしまう、 最初のレネーに感情移入した 見終わった後は前向きになれる✨ 冒頭からずっとおしゃれなレネーの ファッションも可愛かった #IFeelPretty pic.twitter.com/4JS8RCHMs8

『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』 すげぇ良かったんだけど、思ってなかったこと一つ。男も励まされる映画だった。

『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』 2019年1発目に相応しい、明るく楽しく前向きな作品。気持ちよく笑える。 自分に自信を持つ事。気の持ち方ひとつで人生は充実したものに変わるかもしれない。 発表会のスピーチに感動。 「ビッグ」リスペクトが80年代好きの自分には嬉しかった pic.twitter.com/X3suddux16

●セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!

監督  エルネスト・ダラナス・セラーノ

キャスト
セルジオ:トマス・カオ
セルゲイ:ヘクター・ノア
ピーター:ロン・パールマン

宇宙に取り残された宇宙飛行士とキューバ市民の交流を、社会風刺を織り交ぜ描いた感動ドラマ

『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』鑑賞。 シリアスな作品にしてもおかしくないテーマなんだけど、程よく緩くハートフルな感じで楽しめる、思わぬ拾い物をして得したような映画! 主役の二人も面白いが、脇役の役者も個性的で良かったし、ロン・パールマンが最高の味わいを醸し出していた。 pic.twitter.com/Gt1BlwqCZb

エルネスト・ダラナス・セラーノ監督『セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!』。キューバの哲学者セルジオと、宇宙ステーションにいるソ連のセルゲイは無線を通して友人になるが、地球ではソ連が崩壊してしまい…という話。91年のソ連やキューバの困窮ぶりを、明るいタッチで撮ったかわいい映画。

「セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!」 予告が面白そうだったので昨晩観ました♪ 国境どころか大気圏まで越えた究極の遠距離友情。無線だけのやり取りだけど、初めからしっかり意気投合して「君のためなら何でもするよ」なんて…! 当時の情勢の厳しさの中にある人の繋がりと暖かさが素敵な作品 pic.twitter.com/J8RueWFhjH

●おとなの恋は、まわり道

監督  ヴィクター・レヴィン

キャスト
リンジー:ウィノナ・ライダー
フランク:キアヌ・リーブス

こじらせ男女が教えてくれる素敵な運命を引き寄せるコツ。“おひとり様"記録更新中のたふたりの恋の行方は?

おとなの恋はまわり道鑑賞 キアヌ演じるフランクとウィノナ演じるリンジーのこじらせ具合に脱帽! 素直になれない大人たちのある意味可愛いラブストーリーでした! 2人の運命的な最悪の出会いから遠回りの末のラストに少しほっこり! にしても、2人の掛け合い面白すぎて、笑い止まらなかった pic.twitter.com/mJeDFMrm2e

『おとなの恋は、まわり道』、案の定大好きなヤツだった。リゾート婚に駆り出された偏屈極まりない2人(特にキアヌw!)が、素敵な風景と軽やかな音楽を背景に延々と愚痴と毒を吐きまくるR15の会話劇。何度も声を出して笑って、最後はホンワカ。いい時間でした。 pic.twitter.com/sxzUnWzbGn

おとなの恋は、まわり道 鑑賞 リゾート婚の参列者として空港で出会ったふたりは行く先々で一緒になり… 辛辣な物言いの会話の応酬が楽しい会話劇 理論武装も傷付きたくない気持ちの裏返し “拗らせ”ふたりの「おとなの恋」 だけど恋なんて理屈でするもんじゃないでしょ? ラストににんまり pic.twitter.com/eq0DuxyhAB

●ザ・カニバル・クラブ

監督  グト・パレンテ

キャスト
ギルダ:アナ・ルイザ・リオス
オタビオ:タビンホ・テイクセイラ
ボルジェス:ペドロ・ドミングス

オタビオとギルダは大金持ちの夫婦。豪邸に何人もの使用人を雇い、優雅に暮らしている。しかし夫婦には恐ろしい趣味があった。

ザ・カニバル・クラブ観ました! ブラジル映画! 冒頭から絵面がすごい!画面がすごい!ナンジャコリャー!からのストーリーテリングからのナンジャコリャー!でとにかく楽しめました。 エログロです。 蛇足ですが主演女優さんが少し、アンジェリーナ・ジョリーに似てます。 pic.twitter.com/ugcHFgSeU7

ザ・カニバル・クラブ。TIFFの宣伝でブラジルのホラーが盛り上がってる、みたいな文を読み。単に「人が食べられる怖さ」を描く「ホラー」ではない。クラブの会長さんの狂気(人を食べる事自体はあまり狂っていないように思えてくる)にスポットが当たっている。ブラックでキレの良い短編を読んだような

『ザ・カニバル・クラブ』を観た!ブラジルのホラー映画!人肉を食べちゃうヤツ!普通の人よりはアブノーマルな映画観てるけど、自分史上でもなかなか上位なインパクトあるシーンが序盤にあってヤバかった!終わり方も最高やんと思ってしまう!こういう映画上映してくれるから渋谷が大好きだ! pic.twitter.com/gxtQhD8A73

1 2