1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

▼シーズンは終わったはずのインフルエンザが、なぜか流行

今シーズンのインフルエンザは大きな流行はすぎましたが、地域によっては患者が増加する割合が大きくなる所もあり、厚生労働省は連休中の体調管理に気をつけてほしいとしています。

@orbpaipn 10連休は10連勤だったけどインフル発動して連休になりました

そういえばインフル再び流行ってるらしいけど、今シーズン予防接種してないし、更にワクチンうってるけど風疹の抗体も低い民だから…人混みこわいな…

▼なんと学級閉鎖も起きていて、GWとくっつく形に

1週間の全国の患者数の推計はおよそ9万6000人で、休校や学級閉鎖などの措置を取った小中学校や幼稚園などの数は、前の週と比べて8倍以上の301施設となりました。

今日はテレビをつけたら「ラスト・ボーイスカウト」がやっていたり、母校の中学校が今時期インフルエンザで学級閉鎖になったことでNHKに出たりとテレビの底力を見せつけられた1日でした!

@mmkm711915 あら?今見たけど、高熱?喘息?大丈夫?娘の職場でもインフルで修学旅行行けなくなった子もいるし、閉鎖の学級もでたらしいけど、今年は気候の変化が激しいからね。お大事にね❤

@beck07231 雪とか最悪ですよね〜どこかの小学校はインフルエンザで学級閉鎖だし、、、。こんな気温差に体が壊れる

▼流行の原因は、冬に流行らず抗体のないB型の感染

インフルエンザは、A型のあとにB型が流行する傾向があり、現在、感染者の割合が増えているのもB型。激しい寒暖差による体調不良で、抵抗力が落ちたことの影響を指摘する医師も。さらに、人によっては、「あの持病」が弱点となるおそれがあるという。みやのこどもクリニック・宮野院長は「花粉症も関係ある。花粉が入ってくると、鼻の粘膜とのどの粘膜ですね。ここで炎症を起こすわけです。弱っている粘膜というところに、インフルエンザのウイルスが非常に増殖しやすい」と話した。

▼GWの人の移動で大流行になる危険性が指摘されている

何? インフルエンザが再流行?やっと面会解除されたばかりなのに… また面会停止になったら困る もう、ワクチンも効能切れているやん 親の病院の人、見舞いの人、旅行先でもらわないで‼拾って来ないで‼

連休される方においては疲れたまま旅行などに出かけてワクチンの効果が薄れたインフルエンザなどにかかることがないように。

@haru_gs52 旅行とか、遠出される方も心配ですね。 インフルとか、はしか とかの感染拡大もあると思うし。

旅行される方・された方、特に公共交通を利用される方・された方は、インフルエンザの流行もあるので確認しておくべきだぷ~。 twitter.com/toyamap/status…

インフルエンザの対策は通年、同じではある。
人混みを避け、マスクを着用し、手洗い・うがいを徹底することだが、実際これからゴールデンウィークで、人混みを避けるのは、現実的にはなかなか難しい。

厚生労働省は、連休中は人の移動も活発になるため、体調管理に気をつけてほしいとしています。

▼おかしいと思ったら…厚労省がGWに診療可能な医療機関をまとめています 人にうつす前に受診!

1