1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

池袋の暴走事故の犯人「飯塚幸三」の処遇を巡って恣意的運用がなされているのではないかとネット上で話題になっている

飯塚幸三は医師に運転を控える様に言われていたにも関わらず運転してる 足が悪い事を自覚していたにも関わらず運転してる 過失運転じゃなく明らかな危険運転 ネット上の自分の情報を削除したのは明らかな証拠隠滅 これでも逮捕されないのは上級国民様への忖度ですね #池袋事故 #飯塚幸三 #老人テロ

飯塚幸三!こいつは元官僚、クボタ副社長等歴任、先日、池袋で車を暴走させ人を殺した!殺人犯!しかし、日本国警察は上級国民の飯塚幸三を逮捕しなかった!理由は上級国民で元官僚だから!何が上級国民か!人殺して上級かよ!ざけんじゃねーよ!人の命を虫けらじゃねーよ

池袋母子殺人事故の飯塚87歳、福島原発作った時に関わり、警察に近親者が居て、逮捕から逃れている。でも裁判になれば、老人向けの禁固刑は逃れられない。人生の終わりを禁固刑で迎える。

安倍晋三の息のかかった中村格警察庁長官、北村滋内閣情報官などそうそうたる面々が事故現場に集まったという情報もあり

池袋暴走母子殺人事故現場 写っているのは公安トップの「中村警察庁長官官房長」「北村滋内閣情報官」「池袋警察署長」  通常の交通事故で公安や内閣府のトップ、警察署長がすぐ駆け付けることはない 明らかに安倍友・運転手飯塚への忖度打合せ、逮捕されるはずが無い 死んだ母子がかわいそう pic.twitter.com/7stKOpXWWf

本当に警察や検察による権力の恣意的運用があるのか?

上級国民と一般人の実務上の運用の差をまとめました

上級国民の場合・・・()内は忖度内容

●石川達紘(死亡事故→逮捕しないで任意捜査)

死亡事故を起こしたことについて「車がおかしくなった」と言い訳して否認。元東京地検特捜部長という経歴一つで圧力をかけて証拠隠滅を図る可能性が高いが忖度して逮捕せず、任意の聴取で在宅起訴。若い愛人とゴルフに行く際の事故であり、健康面でも不安は無いことから逮捕しない言い訳には使えない。

●山口敬之(準強姦→逮捕状取り下げ)

アベ友の山口敬之。準強姦で逮捕状が出ていたにも関わらず、執行されず。準強姦という悪質な嫌疑で逮捕状が出ている案件で執行されないということは極めて異例。一般人なら例え冤罪の可能性が高くとも逮捕され、脅迫され自白を強要される。それをされないだけでも恣意的な運用であると言える。

●千野志麻(自動車運転過失致死→逮捕せず任意聴取後略式起訴で罰金)

夫は福田康夫(元首相)の甥。死亡事故にも関わらず、勾留以前に逮捕も無し。

一般人の場合・・・()内は不当な内容

●一般男性(北海道警、釧路地検北見支部→出世のために無実の証拠を隠蔽して事実を捻じ曲げて起訴、無罪確定。北海道警の捜査自体にも違法性がある)

●一般男性(警視庁→工事の仕事で工具を持っていただけで検挙、恫喝的な態度で取調べ、指紋採取など人権侵害を行う)

●一般男性(埼玉県警→自動車運転過失致傷(死亡事故では無い)で罪を認めて反省している未成年の男性を逮捕)

結論:警察や検察は腐敗している

1