1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

星野源『引っ越し大名!』も!夏のおすすめ「小説実写化映画」

2019年夏公開のおすすめ「小説実写化映画」5作品のまとめ。『泣くな赤鬼』、『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』、『今日も嫌がらせ弁当』、『アンダー・ユア・ベッド』、『引っ越し大名!』。

更新日: 2019年09月27日

7 お気に入り 7756 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『泣くな赤鬼』(6月14日公開)

作家・重松清の短編集「せんせい。」に収められた一編を原作にしたヒューマンドラマ。

主人公は、かつて高校野球部の熱血監督として活躍するも、甲子園出場の夢がかなわず、定年を迎えようとする小渕隆。今やくたびれた中年になった小渕が元教え子と再会し、末期がんで余命宣告を受けた彼のため、甲子園出場を賭けた決勝戦の再現試合を企画する。

メガホンを取るのは『キセキ -あの日のソビト-』などの兼重淳。『クライマーズ・ハイ』などの堤真一、『ディストラクション・ベイビーズ』などの柳楽優弥、『恋のしずく』などの川栄李奈らが共演。

◆『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』(6月22日公開)

フィンランドの小説家ヴァイノ・リンナの「無名戦士」を映画化した戦争アクション。

◆『今日も嫌がらせ弁当』(6月28日公開)

反抗期を迎えた高校生の娘に、卒業まで弁当を作り続けた母親のブログを基にしたエッセイを映画化。

母親を『アンフェア』シリーズなどの篠原涼子、娘をNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」などの芳根京子が演じる。元SKE48の松井玲奈、劇団EXILEの佐藤寛太、『ROOKIES』シリーズなどの佐藤隆太らが共演。

『レオン』、ドラマシリーズ「特命係長 只野仁」などの演出を務めた塚本連平がメガホンを取った。

◆『アンダー・ユア・ベッド』(7月19日公開)

大石圭の同名小説を『呪怨 黒い少女』『バイロケーション』の安里麻里監督が映画化。

他人から存在を無視されてきた男が、愛する女性をのぞき見し続けるというゆがんだ形で、悲惨な境遇にある彼女を救おうとする様を描く。

愛する女性への一途で純粋な思いと、孤独がゆえに常軌を逸する切なくも繊細な主人公、三井直人を高良健吾が演じる。

◆『引っ越し大名!』(8月30日公開)

1 2