1. まとめトップ
  2. おもしろ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

4月・5月は「変化の季節」

春になると、体がだるくなる、頭痛やめまいが出る、耳鳴りがするという人が少なくありません。

引っ越しや就職、転職、職場での人事異動や人間関係、家族、親しい人とのトラブル、出世をしていっそうと責任ある立場になった、子どもが独立した、離婚したなど、環境や生活に変化

ゴールデンウイークまで気が張っていてがんばったけれど、長い休みをきっかけに、疲れが噴出します。

そして、心配なのが「5月病」

5月の連休後に、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態を総称して「五月病」と呼びます。

調査の結果、五月病になったことがある人の症状は、「やる気が出ない」が最多で64.2%だった。

2位は「疲労感がある」(49.6%)、次いで「気分が優れない」(42.9%)と「人との関わりが億劫になる」(38.8%)

特に今年は5月病の重症化が懸念されている

毎年ゴールデンウィーク(GW)明けに心身の不調で会社や学校に行けなくなる五月病が問題になりますが、今年は10連休と長いことから重症の五月病が増えるのではないかと危惧しています

五月病は病気であり、性格や気持ちの持ちようによるものではないこと、その原因はストレスであること、心身に複雑な症状が多発する

ネットでは早くも心配の声が相次いでいます

最近情緒不安定すぎるなぁ。 5月病?! GW半分は仕事だけど。

連休明けすぐ締切の仕事が終わっていない。5月病が心配です。

連休だからって張り切ってるヤツに限って、休み明けには5月病だのなんだのって、仕事や学校辞めたりするんだよな…。

10連休だからといって、寝坊しすぎるのはNGなんだとか

休日時差ぼけに注意しましょう。休みを家で過ごそうとしている方は、特に夜更かしと寝坊で生活リズムが乱れることが体調を崩す大きな要因となります。

寝坊する場合も普段より2時間以上遅くならなければ時差ぼけは予防できます。普段6時半に起きる方は休日も8時半くらいまでに起床すれば大丈夫。

新しい環境になるこの時期は、いつもより疲れがたまりがち。体の疲れは心の疲れを引き起こします。体の疲れをとるもっとも簡単で有効な方法は、「眠ること」だそう。

また、どうしてもゲームやネット三昧になってしまうが・・・

寝る前は、“リラックス神経”である副交感神経が作用していないと睡眠に入れません

ゲームに夢中になっていると、ドーパミンやアドレナリンという脳を興奮させる物質が出て、交感神経が優位になってしまい寝つきが悪くなってしまう

1 2