1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

『魔女の宅急便』から『この世界の片隅に』まで!平成「アニメ映画」名作7選

平成(1989-2019)を懐かしむ、大ヒットした日本の「アニメ映画」名作7作品。『魔女の宅急便』、『もののけ姫』、『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』、『千と千尋の神隠し』、『サマーウォーズ』、『かぐや姫の物語』、『この世界の片隅に』。

更新日: 2019年08月02日

11 お気に入り 16626 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『魔女の宅急便』(1989)

監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
原作:角野栄子
出演:高山みなみ、佐久間レイ、戸田恵子、山口勝平、加藤治子

古くからのしきたりに従い、修行の旅に出ることになった13才の魔女、キキ。黒猫ジジとともに港町にたどりついたキキは、パン屋のおソノに気に入られ、店の手伝いをしながら配達屋を始めるが…。ヨーロッパを舞台に、少女が成長していく姿を描き大ヒットを記録。

「魔女の宅急便」を宮崎駿の最高傑作として挙げる人も多い。私も大好きな一作だ。本作をみると勇気が出るんだ。小さいけれど、ちょっと勇気を出して一歩を踏み出してみようかなって気になるし、悩んだりするのってけっこうみんな同じなんだなって、そんなことを考えます。 #eiga

宮崎アニメ最高傑作はぶっちぎりで魔女の宅急便な訳ですが、まさか俺は(元)パン屋の倅だから魔女宅にシンパシーなのかっ!?と気付いてしまった。 あの店で店番したい。くるくる回したい(腕力なし)。

◆『もののけ姫』(1997)

監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
出演:松田洋治、石田ゆり子、田中裕子、小林薫、西村雅彦

舞台は室町時代の日本。タタリ神にかけられた呪いを解くため西方へ旅立った少年アシタカは、人間でありながら神々の側につくもののけ姫と呼ばれる少女サンと出会う。アニメ作品として初の日本アカデミー賞最優秀作品賞の受賞をはじめ、様々な国内の映画賞を受賞。

もののけ姫、初めて見たときはアシタカの考え方に共感しながら見てたんだけど、年々エボシさまの考え方に共感するようになってきた 若くても老いても何度もいろんな見方で楽しめる傑作だなあ

『もののけ姫』がハヤオ最高傑作と評する人って、創作者としての視点で見てる人か、パヤオに肩入れしすぎてる人かのどっちかだと思います。たぶん僕は両方です。

◆『新世紀エヴァンゲリオン劇場版(旧劇場版)』(1997)

監督:庵野秀明、鶴巻和哉
脚本:庵野秀明
出演:緒方恵美、三石琴乃、林原めぐみ、宮村優子

TVオンエア終了後、激しく賛否を呼んだ最終回を映画でやり直すという前代未聞の企画で製作され、一大ブームとなったSFアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』劇場版。その内容は、テレビ版の総集編を改定した『DEATH(TRUE)2』と、真のラストを描く『AIR/まごころを、君に』の2部構成。

映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に』 ★★★★4.4点。 実はエヴァはこの旧劇が一番好き。弐号機が鳥葬されるシーンを年末にブ… filmarks.com/review/12460596 #Filmarks #映画

【旧劇】「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」って名作すぎだろ - 思考ちゃんねる mindhack2ch.com/archives/46770…  旧劇は面白かったね。何回も観たよ

◆『千と千尋の神隠し』(2001)

監督:宮崎駿
脚本:宮崎駿
出演:柊瑠美、入野自由、夏木マリ、中村彰男、玉井夕海、内藤剛志、沢口靖子、神木隆之介、我修院達也、大泉洋、小野武彦、上條恒彦、菅原文太

2001年夏に公開され、大ヒットを記録した宮崎駿監督による冒険ファンタジー。引っ越し先の家へと向かう途中、異世界に迷い込んだ10歳の少女・千尋が、様々な出会いと試練の中で成長し“生きる力”を取り戻していく姿を描く。

皆様が選んだ平成を代表する映画は宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』でした。日本興行収入歴代一位。ベルリン映画祭金熊賞受賞と世界的にも評価された大傑作。日本のバブル崩壊その後や、テーマパーク批判、アイドルに貢ぐオタク、ハンドルネームの匿名性、拝金主義、自然破壊も描かれた完璧な映画です pic.twitter.com/k69mw2jTWR

【オススメの雑誌】BRUTUS最新号の特集は「いまさら観てないとは言えない映画」です。映画に限った話ではないですが、名作ほど知った気になってスルーしてること、「あるある」ですよね。無理をすることはないですが、気になったときが観るとき! 先日『千と千尋の神隠し』を見ました。傑作でした! pic.twitter.com/opxFj7f2e2

◆『サマーウォーズ』(2009)

監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
出演:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、斎藤歩、横川貴大

『時をかける少女』の細田守監督によるSF青春アニメ。仮想空間OZが人々に浸透した近未来。先輩の夏希に頼まれ、彼女の実家を訪れた高校生の健二は、個性的な家族に振り回される中、謎の数字が書かれたメールを受信し…。

『サマーウォーズ』 インターネットの中に世界の敵がいる。戦うのは高校生。そして親戚軍団。数学で電脳。知恵と人力で駆け抜ける。 お盆の田舎の賑やかさ。キラキラ仮想空間が美しさの極み。真逆の光景を交差させて興奮を生む、細田守監督の傑作。観る者を熱くする真夏の戦い。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/MYi7PIMc11

◆『かぐや姫の物語』(2013)

1 2